annabelle

自分色に染めて

GASA*は華やかさが際立つブランドではありますが、毎回の展示会で

僕が最も惹かれるのは、実は布地そのものかもしれません。
あの唯一無二のかっこいいスタイリングから出来上がるコレクションだけに
つけ襟やズロースなどのプラスアイテムも重要なことは確かです。
でもやはり僕の中で一番グッとくるのは、布地です。
セレクトするかどうかも、ほとんどそれで決めています。
真冬も温かいGASA*のコートです。

GASA*
“きらめく花々”ブルームキルトコート
¥121,000(税込)

色はこちらのグロスダーク1色展開でのご紹介です。
一見、軽いカーディガンのような雰囲気で、「真冬は大丈夫?」なんて
思ったりもしますけれど、真冬にふさわしい、そして見た目からは想像できない
質実剛健さを持ち合わせます。それもGASA*ならではの。

表地はコットンの高密度ローン、中綿はポリエステル、裏地には

ふんわりとしたダブルガーゼ。内側に空気の層を作るダブルガーゼを
使用するあたりは、とてもGASA*らしく、そして実用にもかなっています。
この生地は、その3層をキルティングにしているわけですが、裏地が
ダブルガーゼですから、実質中綿を3枚の生地で挟み込んだ状態です。
またキルティングも通常のキルトステッチではなく、オリジナルの
花刺繍キルティングです。それもとても意思を強く感じる刺繍です。
浮き出るような強い立体感もあるステッチが目を引くのです。

全体を同色にすることで、とてもコーディネートに取り入れやすい印象です。

ポケットは目立たないようにシンプルな切り込みタイプのポケットが。

そして好きなのはこういった前立て切り替えなどのセンスです。

共布で仕上げがちですが、こういうセンスがGASA*の力なんだろうと
つくづく感じさせられます。

そしてこの袖口も。

これが絞った状態かと思えますが、違います。
さらに絞れるようなデザインなのです。
ちょっと角度を変えて見てください。

何だか巻き寿司みたいですが、、今写真で見て、摘んでいる箇所は

全て初めから縫い合わせてある部分です。これに対して絞るとこのように、、、

袖から風が入ってくることはないでしょう。

袖裏までダブルガーゼはございますが、着心地を妨げるような

ことは全くなく、厚めのセーターを合わせても快適な着心地だそうです。

切り替えの前立て布はシルクの別布で、しかも断ち切りのデザインです。

ボタンはくるみのスナップボタンです。

まずはこちら。

コットンのジャンパースカートにシャツを合わせて、その上から。

コットンのキルティングで、ダイヤキルトではないので、

春先にもだいぶ活躍してくれそうです。

内側はこんな感じです。

リネンの明るいストールにショートソックスを合わせたら
本当に春みたいなスタイリングです。

デザインはそもそもが大きめですので、小柄な方にもおすすめです。

スタイリングのバランス次第でしょう。目黒にあるGASA*のお店に
行かれたことがある方はご存知かもしれませんが、お店のスタッフの
方達は皆さん小柄な方ばかりです。妻が少し大きめに見えるくらい。

こちらはFACTORYのパイピングスカートを下に合わせています。

スカートにブーツがよく似合うコートですね。
刺繍キルトですが、落ち着いた色合いですので巻物で華やぎをプラス。

しかしまあ、、近くで見ると決して地味ではありませんし、

前立ての切り替え別布がシルクでライトブルーですから、
そのおかげもあって顔映りはいいのです。

インナーに今シーズン最も厚地のセーターを着て。

これにショールを巻いたら、真冬でも暑いかもしれません。

インナーに着るセーターはほどほどに。

ストールを巻いてお楽しみください。

今回、時期を変えて撮影しましたが、無意識にスカート、ワンピースで

コーディネートしていました。こうなるとパンツで合わせてみたくも
なるのですが、それは手にした方にお任せします。
着丈も合わせやすい標準的な範囲ですので、細身のパンツに
5cmくらいの軽いヒールなんか合わせてもフェミニンで素敵でしょう。
ぜひご自身の色に染めてあげてくださいね。

Other blog

  • 2024.02.16春夏もすごいんです。more
  • 2024.02.13君の名はmore
  • 2024.02.10式典-shikiten-indigo overdye j…more
  • 2024.02.09端境期の贅沢more
  • 2024.02.08式典-shikiten-森のオクリモノmore
  • 2024.02.06式典-shikiten-⑩more