annabelle

ナイスバランス

昨年の春夏から一変して、今年はカットソーのお取り扱いを意識的に増やしたシーズンとなりました。良いものに出会える回数が多かったことと、自分たちの気分がそうさせたのだと思います。昨年に引き続き、ゴーシュのオーガニックスヴィンシリーズは、皆さんに味わっていただきたい素材のTシャツです。今年はタンクトップを加えた3種類をご用意しております。

ゴーシュ オーガニックスビンタンクトップ ¥9,900(税込)

タンクトップは全5色展開でしたが、ホワイトとマスタードが完売し、ライトグレー、ブルー、ネイビーの3色でのご紹介となりました。なんと言っても、素材の良さがおすすめの一番のポイントです。オーガニックであり、超長綿であることが大きな特徴ですが、超長綿の中でも最も希少性の高いオーガニック栽培の「スビンコットン」を使用しています。インド南部の一部の高山地帯でしか栽培が叶わず、なおかつ収穫が難しいため、ごく一部の農園からしか流通されないコットンです。その流通量は、コットン全体の0.05%と言われるほど希少です。

肩にあたる布地分量が多く、脇もややしっかりとホールドされるタイプのタンクトップは、二の腕を出したがらない妻も2枚目を購入するほ心を許したノースリーブです。

3型共通のチビポケもゴーシュのアイコンとして広く知られています。

白っぽく見えてしまっているこちらがライトグレーです。スカッとしたシルバー系のライトグレーではなく、少し温かみのある色味のライトグレー。肌馴染みもよくインナーとしても使いやすい色味です。

こちらは完売したNO CONTROL AIRのクールマックスパンツに合わせて、真夏向きのコーディネート。

こちらのネイビー?と思ってしまう落ち着いた青は、メーカーカラー名でブルーです。こちらも柔らかい色調のネイビーといった印象のブルー。

今回は、ホワイトに合わせて元気のいいコーラルピンクのインナーとしてもスタイリングしています。ブラックだとちょっときついな、、なんて感じる時、インナーとしても使いやすい柔らかな色味のブルーです。

そしてこの、一瞬ブラック?と思ってしまうほどの濃紺がメーカーカラー名でネイビーです。とても上品な落ち着きのあるダークネイビーは、トラディショナルな夏の革靴スタイルや夏のジャケットスタイルのインナーとしても重宝しそうです。

ゴーシュ オーガニックスビンフレンチスリーブ ¥13,200(税込)

こちらはマスタードが完売となり、それ以外の4色展開でのご紹介です。デザインはゴーシュファンにはお馴染みのフレンチスリーブTeeで、もう数年定番的に登場し続けているTシャツです。二の腕が少し被るゆったりとしたデザインは、タックインをしたスタイリングも好評で、ジャケットや羽織のインナーとしても素敵な、一枚で様になるTシャツとして人気です。

このしっかりとホールドされたアームホールも良さの一つです。また、カットソーは縫製工場にパターンごとお願いするメーカーがほとんどの中、ゴーシュは当然オリジナルのパターンを支給して生産していますから、その立体的なデザインの美しさも大きな魅力になるのではないでしょうか。

ホワイトは現在展示中のmuniさんのサルエルパンツに合わせて。こちらも真夏に向けたスタイリング。

二の腕の見え方に人一倍厳しい妻のポイントはこの角度。この袖の下り具合が絶妙です。

こちらはblue in greenのバルーンパンツに合わせてライトグレー。インディゴとライトグレーの組み合わせは、デニムが少し上品に見えるように感じました。

タックインも素敵なTシャツです。

こちらのネイビーのようなブルーは、ホワイトのワイドパンツに合わせてシンプルな革靴スタイル。

ネイビーはかなりダークなので、試しにブラックのパンツに合わせてコーディネート。ボトムスが少し浅いブラックだったこともあり、かっこいいワンツーコーデになりました。ブラックとも合わせられるネイビーは心強い。

ワイドパンツとのスタイリングが多くはなりましたが、ストレートシルエットや細身のパンツにもかっこよく着ていただえるTシャツですよ。

ゴーシュ オーガニックスビンTシャツ ¥13,200(税込)

最後はこちらも数年定番で展開しているワイドTシャツです。身頃はゆったり、袖はスッキリ長めというのが特徴で、フレンチスリーブと同じくタックインや綺麗目カジュアルにもサマになる上質感がおすすめのカットソー。

ホワイトはNO CONTROL AIRのクールマックスパンツに合わせて涼やかなモノトーンで。

丈が短めの夏のワイドパンツとのバランスも好みです。

こちらもワイドパンツに合わせてタックイン。付属ベルトが黒であることを利用した、白×白のワンツーコーデ。

小物も全てブラックで統一して、白場の多い軽やかなモノトーンで。

ライトグレーは細身のゴーシュのカツラギテーパーパンツに合わせて。

着丈も少し長めのデザインです。

ブルーは白のワイドパンツにシンプルに。夏のワンツーコーデはアクセサリーを楽しむ意味で、付けすぎくらいでちょうどいいかもしれませんね。

こちらもタックインしてもかっこいい。3種類とも、ネックが小さいデザインが特徴です。

開きの大きなネックが主流のレディースでは、このサイズのネックデザインは少数派かもしれません。

長めの着丈のデザインも、ゆったりしたボトムスにはむしろバランスがいい。

そしてこの太すぎないスッキリとした半袖は、ビッグTeeであったことを忘れさせるかのようなナイスバランスです。

少し肩下がりのある独特の傾斜も良いのだと思います。

着丈は長いのですが、このくらいのロングスカートとのバランスはとてもちょうどいい。

タックインも素敵です。

素材はわかりやすく、着た瞬間から良いことが伝わると思うのですが、ゴーシュのカットソーを毎年皆さんにお勧めしている理由は、素材だけではなく、独特のフォルムやバランス、好みはあれど、ここでしか味わうことのできないセンスを感じていただきたいからに他なりません。この素材になってから、価格は少し上がりましたが、よりお勧めしたいと感じるようになりました。とても密度のある滑らかな素材は、お洗濯を繰り返してより一層に上質さを露わにします。ぜひこのお洒落なナイスバランスをご堪能ください。

 

Other blog

  • 2024.07.19夏の浴衣のようにmore
  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore