annabelle

暑がりなあなたに(実はそうでない人にも)

暑がり、寒がり、どちらでもない、どちらでもある。

皆さんそれぞれですよね。

僕は寒がりではないことは確かです。

妻は寒がりかもしれません。

僕は今の季節でも毛布はまだ使っていませんし、馬鹿にされつつも

シーツはひんやりシーツを使っています。

妻は毛布に湯たんぽまで仕込み、何だか起毛したシーツを使い始めています。

どちらも自分の中ではそれが普通です。

お店にも暑がりさんが一定数いらっしゃいます。

そんな暑がりさんたちが口を揃えて言うのは、「冬でもセーターを着ない」です。

寒がりさんや一般的な体感の人には信じられないかもしれませんが、

年齢や性別もバラバラで、暑がりさんはいらっしゃいます。

今日は暑がりさんに向けた冬らしいけどセーターではないトップスを2つ

ご紹介いたします。

ARTEPOVERA
カットオフスウェット
グレー ¥13,200(税込)

素材は裏起毛のコットンで、ゆったりとした少し縫製でデザインされた

ラフに日々使えるカットソーです。お色はグレー、ブラックの2色展開で、

こちらがグレー。少しカーキぽい印象のあるグレーではないでしょうか。

ネックはボートネックとラウンドネックの間くらい。

少し下りのあるボートネックという感じでしょう。

そして切りっぱなしのデザインです。もちろん、ステッチは

かかっていますので、ほどけたりはいたしません。

ちなみに、裾も袖口もカットオフのデザインです。

そして脇縫と袖縫がこんな具合に。

アルテポーベラではよくやっている得意なデザインですが、

袋縫の最初の一歩で終わった感じの縫製です。

こちらもカットオフで、着て馴染んでいくと雰囲気出ると思いますよ。

そして裏はふかふかの裏毛。

暑がりさんは、長袖のインナーにこれを着たら十分なのでしょう。

こちらがブラックです。

起毛した裏毛で、暑がりさんは冬中着て、春も着るでしょう。

そうでもない人は、今の時期はタートルやシャツとの重ね着を

ぜひお楽しみいただき、春は一枚でどうぞ。

やや寒がりさんの妻には、重ね着をしてもらいました。

グレーは完売したゴーシュのコットンカシミアタートルのブラックを。

このセットでセーター一枚分の温かさはあるのかな?

ブーツやタイツをボトムスに合わせれば、

冬場も便利に着ていただけそうです。

ストールを巻いたり、、

コートを着る場合にはそれだけで防寒できるような

タイプを着るのはいかがでしょうか。

こんな温かそうなライナーが長袖でついたコートを着たら、

トップスがコットンでも防寒はバッチリ。

雪国は室内が温かくて車移動が多いので、ややショート丈の

あったかいアウターにインナーはコットンの起毛素材なんて、

組み合わせ的にはありかもしれませんね。

HAVERSACKのアウターは、ショートモッズコートのような

デザインで、風は一切通さないような硬い素材です。女性には

嫌われちゃいそうだな、、なんて思いつつも僕の好みでセレクト

しちゃいました。ヘビーデューティなアイテムがお好きな方には

とってもおすすめなアウターです。めっちゃラフに扱っても

へこたれそうにない丈夫さと、バイクで疾走しても風を通しそうにない

タフさが魅力です。

ブラックはmuniさんのふかふかで温かいダブルガーゼ裏地付きパンツに。

インナーにはklauseの定番のコットンシャツを重ねて。

足元はR.U.の素敵なブーツを。

カットソーですが、モノトーン+ベージュで少し大人っぽい

色合いのスタイリングにしてみました。

ストールはとっても温かいcoovaの民族ストールを。

そしてもう一つの暑がりさんへのご提案は、Tシャツでお馴染みの

Fabriqueさんから定番のこちらです。

Fabrique en planète terre(ファブリケ・エン・プランテーレ)
washable wool pull over ¥14,300(税込)

少し長いブランド名ですが、アナベルでは「ファブリケ」でお馴染みです。

こちらはウォッシャブルウールを使用したカットソーで、WOOL100%

なのですが、洗えることを売りにしたカットソーです。

アナベルのお客様は、「セーターは基本家庭洗濯」という方がとても多いとは

思うので、ウールのお洗濯には慣れている方も多いかもしれませんが、

こちらは生地メーカーが「洗える」ことを売りにしている素材ですので、

より安心してお洗濯をしてください。

アナベルでは3回目の冬の登場で、すでに実績のある商品で、

実は今回はすでに在庫がほとんどなく、慌ててのご紹介となってしまいます。

裾には小さなスリットがございます。

袖付けはTシャツのような真っ直ぐな袖付け。

背面はセンターに剥ぎのあるデザインです。

ライトグレー

チャコールグレー

ネイビーとブラックが完売して、3色でのご紹介となります。
そして今回はスタイリング写真はキャメルだけとなりました。

ウール100%ですが、生地は先ほどのアルテポーヴェラのものよりも

薄手で、やや厚めでとろみのあるTシャツを着ているような感覚です。
ウールですので、お洗濯することで少しづつ起毛感が生まれ、
よりふんわりと温かみのある表情が生まれます。

実は毎年色展開もほぼ変わりなく。

今シーズンは昨年と全く同じでした。
しかし昨年はご紹介前に完売していましたが、、。

寒がりさんの妻は、冬には絶対に着ないと豪語していますが、

暑がりさんには最高の1着であるとともに、これが便利で
リピーターが多いのは、春にも長く活躍するからでしょう。
白い春物のボトムスにこちらのキャメルやライトグレーを
シンプルに合わせれば、ほんのり温かい春のスタイリングが可能です。
またチャコールや今回完売したブラックなどの濃色は、ジャンパー
スカートやレイヤーにも大活躍なのです。

結局は暑がりさんもそうでない人も毎年買ってくださる冬のカットソー。

ほんのりあったかいTシャツだと思っていただければ間違いない。
年末年始、家の中で過ごすお洋服としても重宝します。
暑がりさんに向けた2つのカットソーでしたが、寒がりさんも
そうでない人も、さまざまな季節、さまざまなシーンでどうぞ。

 

Other blog

  • 2024.02.16春夏もすごいんです。more
  • 2024.02.13君の名はmore
  • 2024.02.10式典-shikiten-indigo overdye j…more
  • 2024.02.09端境期の贅沢more
  • 2024.02.08式典-shikiten-森のオクリモノmore
  • 2024.02.06式典-shikiten-⑩more