annabelle

バイヤーみたいな心持ちで

よく「お勧めは?」と聞かれることがありますが、10坪しかない小さなお店ですから、ギュッと絞ってバイイングしている分、正直どれもお勧めです。しかし、あえてわかりやすくその中のさらにお勧めは?を見る方法をお伝えすると、「同じ素材で幅広く展開しているもの」は僕らが力を入れている証拠でもあり、お客様は「あ、これは強く進めているんだ」と捉えていただいて間違いないのではないでしょうか。

・Honneteアイリッシュリネンシリーズ
・klauseのプルオーバーシャツシリーズ
・NO CONTROL AIRのCOOLMAX
・ゴーシュのスビンコットンシリーズ
・ARTEPOVERAのリメイクシリーズ
・TRAVAIL MANUELのデザインTシャツ
・FACTORYのセーター類

などなど、、。

意識的に幅広くバイイングしているものは、シーズンごとに変化をつけながらも毎回存在しています。今日ご紹介するこちらも、同じ素材で3種類のブラウスをバイイングしています。

通信販売ページはこちら

NO CONTROL AIR レーヨンナイロンちび襟ブラウス ¥25,300(税込)

長袖やフレンチスリーブでお馴染みのちび襟が、5分袖(肘下)で登場です。デザインはお馴染みですが、今回は素材が気に入ったため、この素材で3種類のブラウスをご紹介したいと思います。

台襟のある小さな襟が特徴です。
台襟ってなんなの?って思う方もいらっしゃいますよね。男性がスーツの下に着ているシャツは100%台襟がついています。台襟は、襟を立体的に見せるという役割のほか、男性的な棒ネクタイや蝶ネクタイをつける際に必要なクラシックな流れを持ったデザインです。それが絶対に必要ない、アロハや開襟シャツには一般的に台襟はありません。

全体のフォルムは長袖やフレンチスリーブと同じく、身幅は広めでドロップショルダーです。

フロントがインカーブしているため、見た目以上に着用した際の前後差が際立つデザインです。

こちらが後襟。見た目も可愛らしい小丸襟とボタン。

今回、これに力を入れようと思った理由の一つが、差し色の提案でした。白は絶対として、他2色もとても良い色だと感じました。ペールブルーはほのかにラベンダーやパープル系を感じさせる絶妙なブルーです。またグリーングレーは、その名の通りグリーンぽいグレーです。くすみがちな色合いですが、全然沈まないキラキラしたいい色です。

ホワイトは細身のパンツにスタイリング。パンツはゴーシュのカツラギテーパーパンツ。余談ですが、長きにわたりゴーシュの定番的素材だったカツラギシリーズは、この春夏シーズンで終わります。もし気になっていた方がいらっしゃいましたら、ぜひご検討ください。

フロントはインカーブの効いた短い丈で、前後差も極端なデザインが人気です。この袖丈も新鮮ですね。

ペールブルーはワイドパンツに合わせて。袖もゆったりしていますが、素材のとろみもあって大きくは見えないと感じます。

襟がある分きちっと感も感じるデザインです。

フロントが短めですから、しっかりウェストでホールドできるパンツなら、このようにタックインもお楽しみいただけます。

絶妙なグリーングレー。鮮やかなオリーブカーキのような色合いですから、ベージュ系のボトムスとの相性は抜群です。こちらのボトムスは春にご紹介していた裾ダブルのパンツで、しっかりした素材感ですので、秋冬にもそのまま活躍するパンツとしてお勧めですよ。

シャツの素材感ですが、白と比べると色物の2つ、特にこちらのグリーングレーは、染色の関係もありシュワシュワっとシュリンクしたようなシワ感が表面に出ています。これは素材の特性として見てください。

NO CONTROL AIR レーヨンナイロンノーカラーシャツ ¥24,200(税込)

これが2つ目のシャツになります。素材はレーヨンナイロンということで、レーヨンの吸湿性や感触的なひんやり感、通気性の良さなどが挙げられますが、ナイロンも入っていますから、耐久性も備えています。涼しさはどうかというと、そこだけ見たらクールマックスに敵いませんが、やっぱり色合いや見た目も重要ですから、トータルで見て、夏のブラウスとしてお楽しみください。

こちらもノーカラーシャツとしては見たことのあるデザインですが、5分袖としては初登場です。しかもこの袖がなんだか凝ったデザインになっています。

一見カジュアルな半袖シャツと思われがちですが、2枚袖で袖は後付けの仕様です。つまり袖つけの角度と見え方に拘ったシャツだということです。シャツの見た目でありながら、ジャケットのような作り方をしたデザインです。でも、縫製仕様は折伏せ、しかも3mmほどの細くて綺麗な仕様です。裾も綺麗な3つ巻き。。前回、NO CONTROL AIRが長い時間をかけて作り上げてきた、「新しいかたちの中国製」の話をしましたが、これもその一つです。このシリーズは全て同じですが、やっぱり改めて見て、相当上手な縫製だと思います。

こちらも3色です。また、前回もお話ししましたが、前立てが一番上まで突き抜けたデザインが面白い(珍しい)シャツであることに、もう一度触れておこうと思います。

裾はまっすぐでワイドパンツにも合わせやすいバランスのブラウスです。

今回はスタイリングしていませんが、ロングスカートにも似合いそう。

タックインも素敵です。

半袖なので、2枚袖で後付けにしていることの効果は少しわかりにくいのですが、それでもこの仕様にして、このお値段で出してきているのがいかにもNO CONTROL AIRらしいと感じます。

ノーカラーでカジュアルな雰囲気を持ちながら、レーヨンナイロンの光沢感や袖のデザインも相まって、少し綺麗めなカジュアルも表現されているように思います。

タックインももちろん素敵。先程はベージュ系に合わせていましたが、白にもかっこいい色合いです。

ペールブルーはやや生成り目のナチュラルな色味に合わせて。少しきちんと感やメンズっぽさの出る色合いです。

こちらもタックイン。ベルトを巻いても似合いそうなコーディネートです。

NO CONTROL AIR レーヨンナイロンフレンチスリーブブラウス ¥21,450(税込)

これも長袖で見たような見ていないような、、デザインですが、アナベルでのお取り扱いは初めてのネックデザインです。しかし今回セレクトしたのは、夏のこのタイミングのシャツとしてこの素材によく似合う襟だと感じたから。

ボタンも何もない、スタンドカラーにスリットを入れたようなネックデザイン。

実際に着用するとこんなふうにラフに開くフロントです。

見ての通り小さめのアームホールが彼ららしいデザインです。

袖は短めの半袖くらいの長さです。そして身頃はゆったりしながらも、3種類のなかで最もスッキリ見えるデザインではないでしょうか。

後襟の抜け具合は、着る人の体型によるところです。

妻は個人的にはこのくらい抜き気味の方が収まりが良いみたいです。ネックの開き方にも少し違いが出てきますね。

そして色も悩ましい。。白は定番カラーとして絶対的な存在ですが、その分手持ちのある方もたくさんいるでしょう。差し色でお持ちでないカラーとして、このペールブルーも合わせやすいし華もある。白にも生成りにもグレーにもブラックにも、そしてベージュにもよく似合う。

結構抜いた感じになってます。

たぶん、平均的にはこのくらいの抜け具合ではないかと思っています。

グリーングレーは先ほども登場したゴーシュのカツラギテーパーパンツです。細身のパンツにもよく似合いますね。

3種類のおすすめの夏のブラウスはいかがだったでしょうか。NO CONTROL AIRは化繊にこだわりを持ったブランドで、1シーズンで数多くの素材を提案しています。100の中から10掬い取る感覚です。だいたいどのブランドも、「Friends Day」というものを設けていて、一般の常連顧客さんや同業のお友達などはその日に展示会へ行って発注したりしています。あるお客様に、「あんなにたくさんの中から選べないので、アナベルで見て買うことにする」と言われたことがありました。とっても嬉しいコメントでした。デザイナーやパターンナーは商品のデザインや着心地で評価されますが、我々お店はセレクト内容やそのスタイリングでお客様から直接評価をされています。お客様は、ご自身のクローゼットを毎シーズン更新しつつ、今年は何を買い足すか?それを着て、何より自分自身がいかに気分良く過ごせるか?そんなことを考えながらお買い物をお楽しみください。バイヤーみたいな心持ちで。

 

Other blog

  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore
  • 2024.06.25ナイスバランスmore
  • 2024.06.16Honnete姉妹伴〜特別な存在...more