annabelle

目の覚めるロングポイント

洋服は、襟に時代を感じるところがありますね。今の時代にはありとあらゆるデザインが同時に存在しているため、昔ほどファッションの傾向に時代を感じるようなことはなくなりましたが、それでも最もわかりやすい時代を映す鏡はファッションなんだと思います。今回のSUSURIさんの展示会で、一際目について気になったブラウスをご紹介します。襟がポイントです。

SUSURI バンディングブラウス ¥35,200(税込)

お店を始めて12年、襟は小さくなるばかりだと感じていたこの頃でしたが、これを見て目が覚めました。「レトロ」という範囲を超えたロングポイントカラーというのが良いと感じました。そしてこんなに大胆な襟なのに、着てみるととってもおしゃれでシックな佇まいだから不思議です。柄とのマッチングも色合いも良いのでしょう。普通の白シャツだとかえって難しそうですからね。

この襟、実はSUSURIさんでは昨年から発売されている継続デザインです。昨年もとても気になっていたのですが、バイイングはしませんでした。ちょっと引っかかっていたものがまた現れると、買いたくなりますよね。

共布の丸いボタンも可愛らしい。

コバステッチも美しいワンピースカラー。台襟はありませんから、着用した際の身頃との一体感も生まれます。

アームホールはピッタリよりも多少ゆとりのあるサイズ感ですので、インナーにはタンクトップやキャミソールを着て、脇から少し見える感じです。

前身、後身にダーツがはいり、ウェストを絞ったデザインは、annabelleでお取り扱いしているブランドの中や、普段目にする機械の多いお洋服の中では本当に久しぶり。しかしこのサイズ感も絶妙でした。ワンサイズなので限界はありますが、なかなか幅広いサイズに適応するデザインになっていると感じます。

後身のダーツ。

意外に天幅を小さくしていない、ゆったりしたラウンドの後襟は、視覚的にも美しい。

もう一色はブラックです。

あんまりラフになりすぎず、ワイドパンツを革靴やサンダルで女性らしく、かっこよく着るイメージで。ゆとりを持ちながら体に沿ってコンパクトに収まるブラウスは、着丈も今主流のワイドパンツにとても合わせやすいデザインではないでしょうか。

こんな角度で見てみると、襟がいい具合に身頃に沿って一体化してくれていることがわかります。第一ボタンの付けのあたりが軽く小さなロールを作っているところも最高に綺麗。ペタッとならず、角張って浮くこともない絶妙なカーブです。

脇の開きがどのくらいあるか、この写真で大体お分かりいただけるかと思います。このボトムスはトップグレーですが、ブラックやホワイト、ライトベージュ、キナリ、コニャックブラウンやオレンジ系のブラウン、ジーンズなど結構色々と相性の良い色が頭に浮かぶ差し色です。生地がレーヨン混のジャカード織のサテンということもあり、品のある、そして清涼感のある光沢感があるブラウスです。「カジュアルだけど上品に」なスタイルをこの一品でお楽しみください。

ブラックはオールブラックにしてみました。アクセサリーや小物の映える夏らしいブラックスタイルです。

靴が黒しかなかったのが少し残念でしたが、柄物のミュールやパンプスをお持ちの方はぜひそんなシューズを合わせても素敵です。ボトムスはNO CONTROL AIRのCOOL MAXシリーズの新作で、程よいストレートワイドシルエットが上品で、このブラウスにぴったりです。

ブラックの色味が少し異なり、素材感も違いますがとても相性は良いと思います。今回は2つともやや綺麗めにコーディネートしてますが、デニムに合わせても素敵ですし、例えばゴーシュのカツラギワイドパンツやARTEPOVERAの2タックリネンワイドパンツなど、アナベルで長年販売しているコットンやリネン素材のカジュアルパンツに入れることで新鮮な気分が湧き上がると思います。新しいムードを最初にもたらしてくれるのは、いつもいつも、大抵は、、その時は「極端」で「斬新」なものなのだと思います。これはその気分を味わえるブラウスなのかと思いました。

 

 

Other blog

  • 2024.06.16Honnete姉妹伴〜特別な存在...Honneteとの…more
  • 2024.06.14Honnete姉妹伴〜特別な存在more
  • 2024.06.13褒め過ぎくらいで丁度いいmore
  • 2024.06.07迫力と艶感more
  • 2024.06.04シンプルなだけに。more
  • 2024.06.02船上のダンスシーンmore