annabelle

leather panier

男性の靴好きの方が、似たような革靴ばかりをつい買ってしまうように、

女性の籠好きの方は、 他人から見たら見分けがつかないような似たカゴを

嬉しそうに天井から吊るしたり、クローゼットの片隅に積み上げたりして

ニヤニヤしているようだ。好きなものは眺めているだけで楽しいもの。

趣味とはそういうものだろうと思う。

先日ご紹介した「Teha’amana(テハマナ)」さんから、籠好きに向けて

レザーバッグのご紹介です。

Teha’amana 
Leather Panier Bag ¥41,800(税込)

カゴバッグをモチーフにした、オールレザーのハンドバッグです。

しっかりした形成とハンドル部分がロープになっているのが

大きな特徴ではないでしょうか。

メーカーからは、ダークグレーとブラウンも発売していますが、

アナベルではオールブラックをセレクトしています。

グレーやブラウンにご興味がある方は、直接テハマナさんへ

連絡してみるのも良いと思いますよ。ブラックと違って、

経年変化で色合いなども変わると思いますので、その様子など

聞いてみてから色を決定してみてはいかがでしょう。

もちろん、アナベルではセレクトしているだけにブラックが一押しです。

しっかりと枠が形成され、スクエアを保って

お使いいただけるカバンです。

ハンドルはロープで、手荷持つ部分はレザーが巻きついています。

汚れや劣化を考えると、地味に嬉しい仕様です。

縁は同じロープをパイピングすることでスクエアを形成していますので、

硬すぎずにしっかりとした感触です。

持ち手のロープはこのように固定されており、ロープ単体での

修理をする際も手際良くできるデザインですね。

内側には布の内袋が付属しています。

内袋はお洗濯ができ、レザーの本体は革製品のお手入れをどうぞ。

ブラックは艶を増してくる経年変化をたどります。

使い込むほどに味わいを増してくることと思います。

カゴ好きの女性は冬でもカゴをおしゃれに使いますが、

レザーのパニエバッグは、冬のコートに誰もが違和感なく

お使いいただけます。お気軽にぜひ。

スカートやワンピーススタイルに。

これから入荷してくる春夏真っ盛りに華奢なブラウスや

リネンのワンピースに持ったら、想像通り素敵ですよ。

パンツスタイルにもポイントとして。

ボーイッシュなパンツスタイルの脇役として、

大事な役割を果たしてくれますよ。

大昔の雑誌などでは、「外しテクニック」などと

よく紹介されていましたが、今もその言葉あるのかな?

僕がスタイリングをしていくとき、結構今でも意識している

ことの一つです。逆をすぐに考えること。

オーバーオールをオーバーサイズできたら、中に合わせるのは

ストレートに考えたらTシャツやカジュアルなシャツ。

ですが、逆を考える。それはガーリーなブラウスや

上質素材の綺麗目なブラウス。

靴はヒールはどうだろうか?

カバンはストレートに考えるとSAFUJIのミニショルダーが

ピッタリハマりそうだけど、、逆にパニアなどのカゴバッグ。

多分、全てのスタイリングでそんなことを考えています。

もう、癖のように。もちろん、時にはストレートも使います。

そんなわけで、やっぱり小物使いは重要視してしまうのです。

そしてどんどん店内に増えてくる。。

靴、カバン、ソックス、ストール、、。

置き切れるように、ご紹介し切れるように、

セレクトするのも一苦労。

皆さんと一緒です。

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more