annabelle

en “木のうた”

enの作品は、洋服でいつも言う「ツラがいい」と同じ感触を得られる

アクセサリーでした。そう感じる洋服は、細やかなところまで丁寧に

作ってあるので、きっと伊藤さんのアクセサリーもそうなんだろうと

思って初めて拝見したのが3〜4年前。

展示のオファーをかけたのが1年ちょっと前。

今回の個展のために、「たくさん作れません」を何回も言う伊藤さんが

頑張って、予想以上の作品をご用意してくださいました。

展示の会期も今週末までとなった今日、通信販売ページでも

ご紹介を始めたいと思います。

en「木のうた」
蔦のピアス ¥18,700(税込)

本体は真鍮でピアスの金具部分はシルバー925(純銀)を使用しております。

初めて伊藤さんの作品を見たときに、僕は個人的にはものすごく共感できる

部分の多い作品だと感じました。それはアンティークや古道具の朽ちた部分や

汚れた部分に反応してしまう感性です。「朽ちているからいい」「汚れているからいい」

「なんなら使えなくていい」という感覚は、古道具をやっている人たちから

教えてもらって育んだ大切な感覚です。伊藤さんの作品にはそれを感じました。

しかし一方で、「もう少し華やかさや可愛らしさ」のような部分があっても

いいのではないか?という気持ちを抱いていました。それは、レディースの

洋服屋を10年続けてきて培った感性です。enの伊藤さんはとてもおしゃれな方で、

お洋服も大好きな人なので余計にそう感じたのかもしれません。

「斜め掛け」というネックレスに騒然とした数年前から比べると、

いい具合に作品の幅が広がっているように思います。

ちょうどいい線引きをした伊藤さんならではの「華やかさ」を感じます。

このネックレスは、金具部分がこのように独立して、ベリーモチーフの

小粒なピアスとしても使用できるデザインになっています。

穴が2つ開いている人は何か別なピアスとの組み合わせを楽しんだり、

小粒ピアスだけで楽しんだり。固定しないことで、シャラシャラと

心地よく揺れる良さも倍増します。

ベリーのモチーフの部分は、本物を型取り鋳造しています。

そしていい感じにカーブした蔦は、伊藤さんが一つずつ手曲げしています。

遠目に見ると、大きさも想像しやすいかもしれませんね。

これからの季節、最高に活躍しそうなピアスです。

ピアスをもう一つ。

en「木のうた」
マカロニピアス ¥19,800(税込)

ちなみにenさんは商品名がないので、勝手にそれぞれ命名して楽しんでいます。

こちらはシンプルな形に空洞を作って軽さを出したピアスです。

空洞

テクスチャー

多分、、僕が女子ならこういったものを選んでいるのだと思います。

素材感やテクスチャー、そしてありそうでない、でもシンプルな形。

そして軽さを考慮した空洞デザイン。

とても好感の持てる作品です。

シックなワンピーススタイルなどにはぴったりだと思います。

en「木のうた」
森の小枝ネックレス(真鍮) ¥18,700(税込)

森で木々から落ちて、土の上に重なり合う小さな枝を想像して名付けました。

皆さんも想像して勝手に命名してみてくださいね。

これを初めて見たときに本当に驚いたのは、触った時の感触でした。

初めて見たのが冬だったこともあって、セーターとの相性が気になったのです。

「引っ掛かりはしないか?」

気にしながら触っている僕をみて、伊藤さんが言いました。

「引っかからないように滑らかにしています。」

枝のテクスチャーもあって、ザラザラしているような印象ですが、

触るとわかります。滑らかです。引っ掛かりを感じる感触ではありません。

これを実現するのに、かなりの試行錯誤を費やしたそうです。

素晴らしい。伊藤さんの素晴らしいところは、このしつこさです。

en「木のうた」
森の小枝ネックレス(シルバー) ¥20,900(税込)

シルバーはお値段が少し高価です。

でもこのデザイン、、蕾がありますからもしかしたら木々の

重なり合う小枝をモチーフとした、木漏れ日を感じさせる

枝のデザインかもしれませんね。「木漏れ日」というタイトルも

良いかもしれません。

真鍮は斜め掛けで。

そして数年をかけて完成した伊藤さんの納得のいく可動式の

チェーンが嬉しい瞬間は、洋服によって長さが簡単に変えられるところ。

こちらがシルバー。

このスタイリングには短い方がいいですよね。

嬉しい。

en「木のうた」
森の小枝ブローチ ¥14,300(税込)

上記ネックレスのブローチ版です。

ブローチの針の部分も伊藤さんが加工しており、あまり尖っていません。

チョンチョンと指で触れるほど。

ですので、高密度でしっかりした生地に付けようと思うと、

1ミリ程度の穴が開きます。でもその穴は、、霧吹きをかけて

軽く揉んであげたらすぐになくなるほどのもの。

en「木のうた」
森の小枝ブローチ ¥18,700(税込)

今回は着用で、muniさんのガーゼのブラウスを使用しています。

甘い織物やニットにつけることはなんら問題ございません。

跡も残りません。

以前にもご紹介しましたが、やっぱり素敵。

シンプルなシャツやカットソーのいいアクセントになってくれる。

誰もがつけるネックレスやピアスと異なり、初めはちょっとした

緊張感が漂うブローチですが、つけ始めたら楽しいですよ。

シンプルなお洋服が多い方ほど試して欲しい。

ネックレスとの合わせも楽しんだりして。

en「木のうた」
蔦のネックレス ¥20,900(シルバー)

本物の蔦のような自由で自然な佇まいは、伊藤さんの細やかな細工から

滲み出るものでした。

数センチの枝のパーツを鋳造し、出来上がったものを1本づつ手曲げして

連結させる。。気の遠くなるような工程を踏んで、平面に置いた時の

立体感は生まれます。

こちらのネックレスは長さ調整のおかげもあって、チョーカーにも

なりますから、素肌に乗った時のその姿は想像に容易いでしょう。

伊藤さんの作品の迫力は、きっとこんなところから感じさせるの

だろうと思うのです。

既成のリングパーツはいくらでもありますが、、

違和感を感じたら作ってしまう。

「我ながらため息が出るほど面倒な性格です。。」と。

あえての柄シャツに。

無地には絶対に似合うので、柄にはどうだろう?

という実験的なスタイリング。いかがでしょう?

柄シャツにも素敵ですよ。

こちらは90cmくらいのロングネックレスの長さで。

絶対に目を引く斜め掛けで。

ワンピースに斜め掛けをして可愛いのは当然のこと。

パンツスタイルにも素敵ですよ。

そして新作だらけの今回の個展において、新作と新作の合作がこちら。

すごくいい。

en「木のうた」
ブラックチャーム蕾ネックレス ¥25,300(税込)

チャーム部分はシルバーにブラックメッキをかけた特殊加工。

妻は一番にこのブラックに目を輝かせておりました。

そういうところは僕と趣味が合う。

枝と枝は輪で連なり動きがある。

金具も素敵で、古びた古道具の茶筒のような雰囲気の円柱を

クルクルと回していただくと、、

外れます。

アンティークにみられる金具デザインですね。

enさんの作品にとてもよく似合います。

艶消しのブラックには細かなテクスチャーが施されます。

現在の伊藤さんの技術が注がれた作品ではないでしょうか。

こちらもシンプルな、、というよりはレイヤーをした

スタイリングに取り入れてみました。

重ね着に重ねてもいいですよね。

シンプルながら存在感は抜群です。

よく付けているd’antanのネックレスと同じくらいかな。

チャームの大きさも扱いやすいものでした。

ボタンのあるシャツにも違和感なく。

本日ご紹介の最後はこちら。

昨年もご紹介した枝のブローチを少し短く製作した作品は、

お洋服はもちろんのこと、カバンや帽子に付けても素敵です。

en「木のうた」
枝のブローチ ¥12,100(税込)

テクスチャーと金属の色合いからくる佇まいが全てという

シンプルな作品は、伊藤さんの力(ちから)を感じさせる作品です。

こちらがシルバー

en「木のうた」
枝のブローチ ¥14,300(税込)

え?こんな所に?

という場所につけるのも楽しいですよ。

付け始めたら楽しくて仕方ないブローチ。

初めての方もぜひ。

長々とご紹介しましたが、本日で全てはご紹介できません。

「インスタで見たあれが欲しい!」

などございましたら、お問い合わせください。

ではこれから通販ページを更新します。

3日間限定での販売となりますこと、ご了承ください。

よろしくお願いいたします。

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more