annabelle

式典-shikiten-⑧

annabelleの式典スタイルを支える重要なアイテムの一つに、「JEUJYEI(ジュージェイ)」のレースネックレスがあります。このネックレスと西別府さんの植物のブローチの組み合わせをスタイリングした時、我ながら「ドキ!」っとしました。これがannabelleの式典スタイルだと。今日は新素材にトライしていただいたレースネックレスを簡単にご紹介したいと思います。

こちらが今年のエクリュ。白に見えますが、とっても薄いベージュ系でエクリュです。しかし着用するとかなり白っぽく明るい色ですね。例年の一番人気でもあります。今回もビーズの配列がいくつかありますので、そこは通信販売ページでじっくりご覧ください。

そしてグレー。グレーも毎年ジュージェイさんが染める色ですので、実は微妙な変化を繰り返しております。今年はシルバーっぽいスカッとしたグレー。こちらもビーズの配列で数種類ございます。「何色にしよう?」って頭で考えれば考えるほど結論が出なくなりますので、ご自身の感覚を研ぎ澄ました状態で、直感的に選ぶのもいいですよ。

こちらが今回の新作。JEUJYEIさんが長い時間をかけて試作を繰り返してオリジナルで製作したラメバージョン。すごい華やかさです。しかもこんなに華やかなのにうるさくない。これまたアナベルの式典スタイルにぴったりです。

最後はゴールド。色合いを最終最後まで微調整して仕上げていただいたゴールド。ギラギラしない、落ち着きのあるゴールドがたまらない。

実際につけた感じが本当に素敵なのですが、付け方も色々です。

これはチラ見せで、どちらかというとピアスを目立たせたいという意識が働いたスタイリングです。

これもそう。ついハイネックの表面に載っけたくなりますが、、こっちの方が僕ら的には素敵だなって思いました。チョーカー気味に結構高めの位置で付けています。

シンプルなAラインワンピースにしっかり目立つように着けてみて、、。

上からジャケットを着て。これ、ネックレスがこれでないと本当に寂しいんですよ。普段着のスタイリングと式典ではやっぱり小物使いが違いますから重要です。

開きの広いブラウスの内側に。この感じがannabelleのスタンダードですが、、

全体のスタイリングの雰囲気を見て、こんなふうにラフに下目に着けてもかっこいい。

またこんなふうにタートルに載せる感じで着けてもいい。2月、3月の式典はまだ寒くてこんなタートルを着ることもあるでしょうから。

このネックレスがないところを想像しただけで寂しいのが分かりますよね。

先日は作家のJEUJYEIさんが来店してくださいました。インスタではすでにご紹介していますが、偶然その日の妻と同じコートとバッグだったので面白いから記念撮影しちゃいました。二人ともいい感じのカジュアル具合に着けて素敵です。

バッグもお揃いとは。。sonorのナップサックですね。ちなみにジュージェイさんがベレーの下に付けているのはいつものあのアクセサリー!今年もラメを織り交ぜて少量ですがご用意していただきました。とっても上級者な感じの使い方がさすがです。めちゃくちゃオシャレでした!白いスニーカーで合わせているのも素敵!

今日はレースのネックレスだけ通信販売ページに更新します。ぜひゆっくりご覧ください。ちなみにジュージェイさんはこの後海外へ行ってしまうので、いつも通りですが追加はございません。よろしくお願いいたします!

 

 

Other blog

  • 2024.02.16春夏もすごいんです。more
  • 2024.02.13君の名はmore
  • 2024.02.10式典-shikiten-indigo overdye j…more
  • 2024.02.09端境期の贅沢more
  • 2024.02.08式典-shikiten-森のオクリモノmore
  • 2024.02.06式典-shikiten-⑩more