annabelle

おしゃれをしよう

「洋服が好きになった一番の理由はなんだったっけ?」って最近よく頭をよぎります。理由はもちろんたくさんあって、これって言えないのですが、バイヤーとして当時と変わらないのは、今でもあんまり他で見ないものに強く反応してしまうし、うちに来るお客様にはお勧めしたいと思うということ。その中からいくつも定番(annabelleにとって)ができたら嬉しいのです。今日もそんな刺激を受けた洋服をスタイリングに載せてご紹介します。

去年に引き続き、やっぱり大好きなこの洋服はSUSURIのもの。リネンのジャケットをシャツ感覚で半袖にしたのか、それともシャツをジャケットに見えるように作ったのか?どちらとも言い難い存在のお洋服です。

SUSURI マスターシャツ
¥33,000(税込)

名前からするとシャツなのか。と思うのですが、着てみるとやっぱり打ち合わせはジャケットみたいに着てもらえるから面白い。

パンツスタイルはもちろんのこと、スカートやワンピースに合わせてもアイディアは無限です。

こちらはGASAの素敵なセットアップに羽織って。前を閉めると上のようにキリッとします。

夏の羽織として、夏の半袖シャツとして、いかがでしょう。人と被る可能性はとても低い。しかし奇抜でもないし大人っぽいからずっと愛用できる。

こちらはチャコールグレーです。

今シーズンのFACTORYの展示会で、あのプリーツパンツと同じくらい気になっていたのがこのスカートです。一瞬、バルーンかなって思いましたけどそうではなく、一枚の布地でプリーツ、タック、ダーツを絶妙に混ぜ合わせることでアシンメトリーなアンバランスを楽しんでいるデザイン。僕なら絶対に穿きたくなるやつです。

硫化染色のムラ感も手伝って、スカートのアグレッシブな形状がより強く感じられる。

見る角度で表情が異なる魅力がある。

FACTORY チューリップスカート(硫化染色)
¥30,800(税込)

ブラックは久しぶりの真っ黒コーディネート。トップスに合わせたquitanのブラウスもなかなか出会えないデザインです。しかも高級素材とのマッチングがいい。こういうデザインは素材によってまったくの別物になりますから。というか、、デザイナーの洋服ですごいな、、と思える大きなポイントの一つが素材の当て込みだと思います。わずかな経験ですが、僕も素材見本から洋服を作った経験はあります。その想像の難しいこと。。サンプル段階で「あー、、思ったのと違う」なんてことはザラです。だから、自分だったらきっとこんな感じの素材でやって、、失敗するだろうな。なんて思いながら見惚れてしまう洋服もたくさんあります。

この角度、大好きです。トップスの生地のワンポイントであるラインも見えるしスカートの凹凸も一番激しく見える角度です。トップスのロープ紐が白であることも嬉しいポイントですね。

FACTOR チューリップスカート black
¥29,700(税込)

quitan スモック
¥47,300(税込)

襟は決めすぎず、自然にクタッとなる感じのデザインで、ここも好みです。別布を使って硬めの芯地を使えば襟をパリッとできるとは思いますが、だったら僕はバイイングしていません。

今年はなんとなく黒が少ない印象ですから、こんな感じの真っ黒はきっと目立つのではなかろうか?と思うと、自分ならやりたくなる。そんな衝動からのスタイリングです。

口に出す必要はないけれど、「あんまりみんなが着ていない感じの服が着たい」という気持ちを洋服選びの時に頭の隅に置いておくと、それまたオシャレの近道になる。そしてそれが着ることを何倍も楽しくしてくれると思っているのです。

 

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more
  • 2024.05.07サイズ選びもセンスのうちmore