annabelle

ロマンティックコート

ASEEDONCLOUDの展示会で真っ先に目に入った2つの素材。

それが先日もご紹介した英国はMOON社製の軽く温かい

ウールヘリンボーン素材ともう一つは自身でも大好きな、

いわゆるタッターソールチェックと言われる格子柄のウール。

どちらも直球で英国トラディショナルを感じさせる、

今見て新鮮な素晴らしい生地とデザインでした。

ASEEDONCLOUD
hyouryuusi Heringbone coat
Grey ¥72,600(税込)

MOONのウールヘリンボーンを用いた軽くて温かいコートは、

英国海軍のダッフルコートデザインから起草して制作したもの。

トラディショナルなコートには、デザイナー玉井さんならではの

ユーモアが詰め込まれています。

生地はミックスの多色混入の糸を使用したヘリンボーン素材で、

全体の色調は落ち着いたグレージュです。

ダブル気味に重なった前身頃は、幅の広いイレギュラーな

比翼仕立てが面白く、防寒性にも一役買っている。

胴裏は綿素材で、袖裏だけ滑りを優先してキュプラのストライプを。

もう一つの素材がこちらです。。

ASEEDONCLOUD
Nautical chart blanket coat
Dk.Brown ¥74,800(税込)

こちらは英国ウェールズの山岳羊の毛を用いたガッチリとした

ウール素材で、ブランドのオリジナルです。

もちろん防寒性は高く、相当な丈夫さを誇ります。

その代わり、ヘリンボーンより重い。

着ていただくと重さは気にならない程度ですが、

着脱が多く、手に持つ機会が多い人にはヘリンボーンがおすすめです。

こちらも胴裏はコットン、袖裏はキュプラストライプです。

今回のコレクションテーマは、「hyouryuusi〜物語が生まれる灯台」です。

海に生きる二人の夫婦の職業は、「漂流師」。

漂流物を拾っては新しい命を吹き込み、また海に戻したり、

自身で身につけたりする。

漂流師の奥様がお気に入りで着ているのがこのダッフルコートなのですが、

実は元々は旦那さまのもの、という設定です。

旦那さまは元海軍なのでしょうか?

大きなご主人のコートをどうしても着たいと思った奥様は、

一生懸命リメイクして着こなします。

袖はこのように折り返して。

そのような設定上、やや大きめなデザインです。

そしてロマンティックな奥様のリメイクはポケットにも。。

このチェック柄ですと少しわかりにくいのですが、、

こちらならわかるでしょうか。

両側ともに2段に分かれています。

しかし、向かって右側のポケットは、入れていただくと中で繋がっています。

寒い冬の海での漂流師のお仕事は過酷です。

ご主人とポケットの中で手を繋げるポケットを作りました。

トグルは木を用いておりますが、漂流物を意識して少し荒れた表情をしています。

取り外しのしやすい、シンプルなデザインです。

ご主人の素敵なダッフルコートをどうしても着たい奥様は、さまざまな

リメイクを重ね、自分でも着られる最大の手段として、ベルトをつけました。

ベルトなしで着るとゆったりして、

これはこれで現代のファッションとしてとても素敵です。

ベルトは後ろで軽く結いておいてもいいものです。

さらにゆったりと、前を開けて着ても素敵です。

手に持っても軽いヘリンボーンは、とりわけ前を開けて着るスタイルが

しっくりくるように感じます。

しかしこのコートが本領を発揮するのは、やっぱりしっかり防寒した時の姿。

ベルトをキュッと巻いて、、

温かい巻物を。

ベルトを巻くことで、女性ならではの雰囲気もお楽しみいただけます。

しっかりとしたウールは、触ったら絶対に温かいとわかる

素朴な雰囲気の織物です。

ベルトはポケットに押し込んで、ゆったりと着るのもいい。

お袖はやや長めのデザインです。

(妻は155cmのわりに、腕は短めです)

さて、この生地は展示会場で一番に目に入って、

私も大好きな素材でしたが、話を聞いて最も驚いた点は、

言われなければ誰も気が付かないような小さなデザインでした。

生地をよーく、見てください。

チェック柄である格子の大きさが違うことに気がつきます。

幅が広かったり、狭かったり。

なんでしょう?

実はこのチェック柄、航海図をモチーフにしているのです。

「Nautical chart blanket(航海図のブランケット)」

どこまでもロマンがあり、、

ロマンティックな工夫がなされたコートではないでしょうか。

 

Other blog

  • 2024.06.16Honnete姉妹伴〜特別な存在...Honneteとの…more
  • 2024.06.14Honnete姉妹伴〜特別な存在more
  • 2024.06.13褒め過ぎくらいで丁度いいmore
  • 2024.06.11目の覚めるロングポイントmore
  • 2024.06.07迫力と艶感more
  • 2024.06.04シンプルなだけに。more