annabelle

お馴染みのあれ

式典フェアが無事に終わり、店内にも新しい春のお洋服が

続々と並び始めました。

そしていつも通り、3月に入ると空気が変わる。

あの先日までのつん裂くような寒風はどこへやら。

都内近郊の夜風は、ほのかに柔らかい穏やかなものへと変わり始めました。

本格的な春の訪れも近いのではないでしょうか。

季節の始まりは、お馴染みの商品がふさわしい。

TRAVAIL MANUELのあれです。

TRAVAIL MANUEL
クラシック天竺長袖TEE ¥8,250(税込)

まさにいつものカットソー。

しかし、長く続けているには訳がある。

このTシャツの場合、素材とネックのデザインがお気に入りです。

ホワイト

素材はクラシック天竺という名前の通り、近年開発された

しっとりとした上質感のある超長綿とは異なり、昔ながらな

軽くてサラッとしたコットン素材です。

何が良いって、生地の厚みです。

軽くて程よい厚みは、時には羽織の下に。時には1枚で。

さまざまな季節に、本当に出番の多いカットソー素材です。

そして、探すとレディースではあまり見かけない。

だから続けています。

そしてもう一つのポイントはこのネックのコンパクトなデザイン。

ネックが、、というよりは、実は全体のバランスがお気に入りです。

身頃はゆったり、ネックは小さめ、袖もすっきり細身。

だから全体にゆとりは感じるけど見た目はすっきりしています。

そして毎シーズン新色を携えて登場する色も楽しみです。

ミントグリーン?

ライトベージュ

この2色にホワイト、ブラックの定番カラーを加えた4色展開です。

サイズはS、Mの2サイズで、こちらがSサイズを着ています。

初めての方には白、おすすめです。

白シャツやブラウスと同じように合わせやすく、汚れが

目立ってきたらLIVRER(リブレ)の洗剤、WHITEやなければ

漂白もできます。お洗濯を勉強すると、白の汚れも怖くない。

かえって楽しいくらい。

同じくトラヴァイユマニュアルのサドルパンツに合わせてすっきりと。

シンプルな装いに少しプラス。

muni(ムニ)のシルクのストールは、春に嬉しいアイテムです。

そして同じく定番カラーのブラック。

なんだかんだ、クローゼットに増えるブラックですが、仕方ない。

だって使いやすいんですから。合わせやすい。汚れが目立たない。

シュッと見える。

ワンピース、パンツ、スカート、コート、どのアイテムを

見ても、まずは押さえておきたい定番カラー、ブラックです。

春らしいライトベージュはワントーンでスタイリングをしてみました。

イージーパンツに革靴で大人っぽく、そしてシンプルに。

バッグやシューズといった小物にインパクトを持たせた

軽いスタイリングは、大人ならではな雰囲気です。

最も春らしい、新色のミント?(正式名は通信販売ページを!)

素敵だし取り入れたいけど、ぼやけちゃって似合わない!

という方には、ブラックやホワイトなどの強い色とコントラストを

つけてコーディネートすることをお勧めします。

ベビーピンクなどのペールトーンも同じくですね。

ちなみに、妻はこのような色に強い苦手意識があるようですので

ブラックのボリュームのあるパンツで、ボトムスに視覚的な

比重を持ってきています。

さらに素敵な巻物を取り入れると、、

もはや苦手はどこへやら。

ブラックで締まりのある春らしいスタイリングになりました。

ぜひ、苦手意識のある方も、こんな色にトライしてみてくださいね。

ますは、毎度お馴染みのTシャツでした。

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more