annabelle

常識の反対

NO CONTROL AIRのデザイナー、米永さんとお話ししていた時、

スタッフには常に「常識を捨てて、やりたいことがどうしたらできるかを

素直に考えてみて、思いついたことが今までの常識から外れていたら、

却下しないで、ラッキーだと思え。」という話をしていると聞きました。

技術畑の人は、特にそれが苦手だという。

確かにトラディショナルと呼ばれる伝統的なデザインや仕様は大事だが、

NO CONTROL AIRのデザインを考えると、少し邪魔な存在なのかもしれない。

アパレルブランドとしては本当に狙い通りの異質な存在なのだと感じます。

もちろん、すごく魅力的だという意味で。

彼らの中では最もオーソドックスな定番パンツをご紹介いたします。

NO CONTROL AIR
コーデュロイテーパーパンツ
オリーブ ¥23,100(税込)

コットンコーデュロイに比べると、非常にソフトでしなやかな

タッチのコーデュロイです。見た目でのウォーム感を楽しみつつ、

着用感は軽くて柔らかい感じです。素材はポリエステルに少しナイロン。

あたたか系のパンツではありませんが、ちょっとした起毛感と光沢は、

コーディネートの幅を広げます。下にアンダーパンツやレギンスなどを

仕込んでいただければ、無理なく真冬にも履き続けていただけるパンツです。

ウェストはいつも通り安定感のある太めのゴムベルト。

内側に紐。

ブラック

ブラックは真っ黒というより、チャコールグレーに近い黒。

どちらも冬の定番とも言える濃色で使いやすいカラーです。

が、実は3色展開でした。

手前のナチュラルは完売しております。

オリーブは落ち着きがあり、少ししっとりとした印象です。

白をトップスにすることで、少し抜けを持たせ、明るくスタイリング。

少しメンズライクな安心感のあるワンツーコーデ。

上からは先日通信販売ページでご紹介している、BLUE BLUE JAPANの

ヘリンボーンロングコートを。

同じくオリーブをまた少し違ったニュアンスでスタイリング。

靴も変えて、ロールアップ。ソックスを見せて。

トップスはmaison de soilのウールワンピースを羽織として。

柄はソックスにとどめてシックな感じの色合いで。

ブラックはヤクのグレーに合わせて。

たぶん、誰もが扱いやすいブラックです。

ブラックというにはかなりチャコールグレーっぽい黒。

その分、ブラウン系なんかも合わせやすい。

コートは何色でも。

定番ですが、ぜひ常識に囚われないコーディネートを。

常識の反対は、発見かもしれませんよ。

Other blog

  • 2024.06.16Honnete姉妹伴〜特別な存在...Honneteとの…more
  • 2024.06.14Honnete姉妹伴〜特別な存在more
  • 2024.06.13褒め過ぎくらいで丁度いいmore
  • 2024.06.11目の覚めるロングポイントmore
  • 2024.06.07迫力と艶感more
  • 2024.06.04シンプルなだけに。more