annabelle

一種特別な思いを持って。

「SP(エシュペー)」は、アナベルにとって少し特殊な思い入れの

あるブランドです。初めて展示会に訪れたのはたしか2019年の春でした。

通常はブランドの展示会で、はっきりとした「答え」が見当たらなかった

場合には、いったんは失礼のないようにお断りをする場合がほとんどです。 

しかしSP(エシュペー)の場合、(当時はSTASTNY SUというブランド名でした)

なんとも言えない変な感情を抱いたのです。

ですので、展示会を見て帰るときに、はっきりとこう言いました。

「今回はオーダーできません。でも、何か気になるので次回の展示会の

案内も必ずください。僕は忘れる可能性があるので、絶対に案内を

送ってくださいね。」といった内容でした。

ちゃんと案内が届いて訪れた2度目の展示会で、「本当に申し訳ない」という

言葉を強調しながら、、また前回と同じことを言って展示会を後にしました。

そして展示会の後で、気になっている点とオーダーができない理由も

かなり正直にデザイナーに直接伝えました。

そんなこんなで迎えた3回目の展示会で、少しモヤが晴れたような感覚を得ました。

「今回はオーダーできます。でも、これ一品番だけなんですが、受けてもらえますか?」

3回目でようやく少し発注を出しました。

そんなブランドは他にありません。

でも初めて展示会を拝見した時から、発注は出せないけど何か引っかかるし、

デザイナーの赤丸さんには独特のセンスを感じていました。

だからオーダーも出せない可能性のある展示会に何回も行ったのでしょう。

そんな長い前置きを経て、アナベルでお取り扱いが始まって2年が経った

「SP(エシュペー)」は、今ではアナベルに欠かせないブランドの

一つになっています。エシュペーの商品でスタイリングができてしまうほどに。

SP(エシュペー)
ワイドギャザーブラウス
¥42,900(税込)

程よくソフトで光沢のあるブロード生地は、体をしっとりと包み込む

優しいコットン素材です。実はデザイナーの赤丸さんは、生地屋さんと

新しい素材開発をするほどのファブリック好きです。好きなだけでは

仕事にはならないので、その方向でも実績を出しているデザイナーです。

全てがオリジナルの生地なんてことは全くないのですが、

今、彼が選ぶ生地は全て、僕も大好きなものばかりです。

そして細やかな縫製仕様の数々も、彼のデザインの特徴でしょう。

時に無理難題をお願いして、高いレベルを誇る日本の工場の企画担当が

匙を投げることもあるそうで、、。

とんでもなく細やかに、そしてリズミカルに刻まれたギャザーが

生んだドレープは、この布地の魅力を最大限に伝えてくれます。

着たらわかる、すごい分量感のギャザーです。

ネックには、分量感のあるギャザーをしっかり肩でホールドすべく、

マチ布が施されるクラシカルなデザインです。

背面はボタンで、2つほど外せば被って着ていただけます。

本来はホワイト、ブラックの2色展開でしたが、ブラックが完売し、

ホワイト1色のご紹介となりました。

ちなみにこちらがブラック。

そして穿いているデニムは同じくSP(エシュペー)のもの。

やや細身のテーパーデニムは、もう5年以上も続くワイドシルエット

主流の中にあってとても新鮮です。アナベルではこちらの加工ありの

タイプと、ワンウォッシュのタイプを両方扱っております。

こちらがホワイトで、ボトムスもSP(エシュペー)のもの。

パンツはオリジナルで開発した、アンティークのような風合いの布地です。

リネンコットンの張りのある素材は、徐々に馴染み、年間を通して

穿いていただける、本当に素晴らしい布地です。

ワイドな分量感も素敵ですが、何より気に入ったのはこの着丈です。

ちょっと長めでとても新鮮でした。足元までオメカシしたくなる1着です。

再入荷している「en(エン)」のアクセサリーもよく似合います。

「かわいい」より「かっこいい」が先に立つブラウスではないでしょうか。

肌寒く羽織る季節がやってきたら、ギャザーが裾から溢れるレイヤーも

素敵ですよ。一枚で着て最良ですが、レイヤーの最高をどうぞ見つけて

くださいね。

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore