annabelle

〜専用コート?

フランスのカトラリーなどを見ているととても種類が多くて面白い。

ベビースプーン、アイスクリームスプーン、ティースプーン、

コーヒースプーン。イチゴを食べる時の専用スプーンなど、とにかく

〜専用が好きなようです。時と場所が変わって、現代の日本でも

たくさんのフランスアンティークが愛されるようになり、「これは何用?」

なんて思いながらも自身が使いやすければそれで良しで使っています。

洋服の世界では「〜専用」というのは珍しく、カジュアルなファッションでは

目にしたことがありませんが、今日ご紹介するコートにはある偏りを

見つけてしまいました。もちろん、僕やアナベルスタッフの間でです。

Honnete
ノーカラーミドルコート
¥50,600(税込)

天然素材のコート、とりわけインポートの商品がどんどん値上げをする中、

アンゴラ60%、ウール40%のシャギーなこちらのコートは、税抜きの

商品価格は¥46,000(税抜)と、とても良心的なお値段です。

こちらのコートにどんな偏りを発見したかと申しますと、、

スカート、ワンピース、キュロットパンツなどに猛烈によく似合うのです。

実はこちらのコート、色々なパンツに合わせて写真を撮りました。

どれも悪くないのですが、、スカートやワンピースに合わせた際の

可愛さからすると、これはスカート、ワンピース専用コートか?

と思ってしまうほどでした。

ちなみにこちらはFACTORYのアラジンパンツに合わせたスタイリング。

悪くないし、可愛いと思います。でも、、

ワンピースには本当によく似合うのです。

販売する側からしたら特に言わなくてもいい情報なのかもしれませんが、、

だって、「私はパンツしか穿かない」というお客様が敬遠してしまう

かもしれませんから。

決してそんなつもりはないのですが、しかし今までに感じたことが

ないくらい偏りを持ってワンピース、スカートにとてもよく似合います。

ネイビーはこちら。

こちら、パンツはゴーシュの極太パンツを穿いております。

もちろんそれだけでも素敵だったのですが、、こうしたら

もっとこのコートを生かせるのでは?ということで

間にシャツワンピースが入りました。

そしてコーディネートしていてふと思ったのです。

Honneteはフランスのファクトリーブランドだったと。

そうかそうかフランスかと妄想は広がります。

だってイチゴを食べる専用スプーンやエスカルゴ専用フォークを

当たり前に作る文化を持つ国ですから。

これはひょっとして、と思っても致し方ない。

気になる方は店頭でぜひお試しください。

アナベル的にはスカート、ワンピース好きな方には特にお勧めですよ。

通信販売には木曜日の夜に更新予定です。

よろしくお願いいたします。

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore