annabelle

繊細な中庸性

今日ご紹介しするシャツは、いったいいつご紹介するのが適当なのか

わからないまま、今まさに「今だ!」と思った次第です。

似たデザインで二つあります。

klause(クロイゼ)
C/Sシャツ ¥23,100(税込)

カットソーシャツという名の通り、被って着る非常にシンプルなデザインながら、

昨年の春夏は自身では圧倒的に一番よく着たシャツでした。シャツ好きな僕が

何十着もあるシャツの中からオンオフ問わず、お店に立つ時も子供と遊びに

行く時も、スーパーに買い物に行く時も、とにかく良く着たシャツでした。

理由はとてもシンプルで、きっと購入してくださった方達は皆さん感じて

くださっていることかと思うのですが、ラフで楽なのにちゃんとしているのです。

だから活用の幅が広い。そしてシンプルに見えて、サイズバランスには

しっかりと癖があって普通すぎない良さがある。

クルーネックのラウンド具合は、女性にもとても好評をいただきました。

開きすぎず、狭すぎず。とても丁度よく品がある雰囲気です。

後ろ下がりがあるところも女性には良いのだと思います。

カットソーシャツなんていうと、Tシャツみたいな袖付けを想像しますが、

こうやって置いてみると意外に袖山は高く、Tシャツよりドレスシャツや

ジャケットなんかに寄せた袖付けです。もちろん着心地はゆったりした

Tシャツのような着心地ですが。

 

袖口にはボタンが2つあり、筒袖状に着るパターンと、袖口を絞って

着るパターンが楽しめるようになっており、僕はこの極端に長めの

袖がとっても気に入っています。

色は白と黒の2色展開です。

もう一つは似ていますが、ネックのデザインが少し違うこちらです。

klause
ヘンリーネックシャツ ¥23,100(税込)

こちらも同じくTシャツのようなデザインのシャツなわけですが、

カットソーのヘンリーネックと異なり、このヘンリーネックは

少しフェミニンな印象も感じさせます。

また、置いてみた印象では、前後差があるように見えたりもしますが、

クルーネック同様に前後差はありませんし、裾のカットはまっすぐです。

こちらはボタンで一つ開きがある分、横に広げなくても被ることが

出来るため、比較的小さなネックデザインの印象です。

今回、ご紹介のタイミングをいつにするか迷った理由は、このデザインと

素材の組み合わせが理由でした。ざっくりとしたリネンとウール素材の組み合わせは

直感的に大好きです。ですから10月に入荷した際にも、FACTORYのカーディガンの

インナーとして写真は撮りました。でも迷ったのは、、もう2週間もしたら

リネンシャツ一枚で過ごす季節は終わるわけです。

今ちょうどいいはちょうどいいけれども、欲張って考えて、、

もっとちょうどいい季節はいつだ?って、今になったわけです。

これがたしか、10月の下旬頃に撮影した写真です。

10月はわりと温かい日が続きますので、この時はこれでちょうどいい。

ざっくりとしたリネンとヤクのカーディガンの組み合わせも素敵です。

コーデュロイパンツにブラックのシャツをタックイン。

上から同じくヤクのカーディガンを。

入荷したのは10月中旬ですが、たぶん9月の晩夏初秋の頃にも活躍します。

ヘンリーネックの方はウールのモコモコパーカーのインナーに

スタイリングしたりしていました。

そして春物が少しずつですが入荷が始まった今、ご紹介をする適当な

時期だと感じます。だってこれからたくさん着る季節が長く続きますし、

何より冬のカーディガンや羽織ものとの相性は証明されているわけですから。

今すぐに着始めることが出来て、真夏の8月を迎えるまで需要はあるでしょう。

まずはblue in greenのコットンリネンデニムに合わせてシンプルに。

こちらのパンツも昨年10月に入荷をしたのですが、コットンリネンデニム

ということもあり、真冬は一旦お休みして、春からまた大活躍のボトムスです。

ご覧の通り、少し着丈は長めです。

でもこれがかっこいい。

ぜひ昨年のスタイリングも参照してください。

klauseは、一般的なユニセックスデザインのお洋服と

少し違った雰囲気を纏ったお洋服で、男女が兼用で無理なく

着られる中庸を繊細に探った形跡を感じ取れるお洋服ではないでしょうか。

男性はあまりやりませんが、女性はこんな風にタックインしても素敵です。

一般的なユニセックスデザインは、メンズからスタートしてサイズの

グレーディングをしていきます。そうすると、必然と少しボーイッシュな

雰囲気が出たり、マニッシュな雰囲気になったりするわけですが、

このシャツはどうでしょう?女性が着た場合にもしっかり女性らしく、

男性が着た場合にはもちろんかっこいい。

どちらにも傾倒しすぎない中庸さが繊細で、僕は大好きになりました。

ラフに着てもかっこいい。

ヒールでシュッと着ても素敵。

妻が着ても僕が着てもどっちもいい。

世の中にあるようでない中庸さを持っている。

ちなみに足が長く見えるし痩せて見えると妻が大喜びのこのパンツも

実はklauseのもの。こちらも明日あたりご紹介できそうです。

ブラックは先日ご紹介したASEEDONCLOUDのパラフィン加工の

パンツに合わせてややメンズライクに。でもヒールを。

メンズライクなボトムスを合わせても程よいゆるさが素敵にまとめてくれる。

ブラックも引き締まっていい。リネンだし。

白も爽やかでいい。

僕は去年リネンの黒とコットンの黒を買ったから、

今年は白かな。

そんな感じでリピートしてくれる人が増えてきたシャツ。

先ほどヒールを合わせていたklauseのブラックパンツのサイズ違いを

ルーズに。こちらもユニセックスで、これがメンズ対応サイズなのですが、

もちろんユニセックスだから大きいのが好みの方はこちらのサイズもありなんです。

この少し、ダルッとした長めの袖がかっこいい。

最初はまくったりボタンできっちり留めたりしてましたが、

僕はこの状態で着ることがとても多かったのです。

あのアイススケートの選手が手足を長く見せる効果で袖口が

ヒラヒラしているのと同じ感じかな?

それともフレアー袖がヒラヒラしているのが素敵なのと同じ感じか?

なんだか理由はわからないのですが、最初気になっていた袖が長すぎ?

という感覚が、着ているうちに「このほうが絶対にいい」に変わってました。

パンツにはサスペンダーボタンが付いているため、手元にあった

レザーのサスペンダーを試しに装着。メンズで妻には長すぎたので、

下げて垂らして着てみました。

シャツ、klause。

パンツ、klause。

バッグ、klause。

になってしまいました。

バッグもとってもかっこいい。

klauseの洋服は先ほどの中庸性のあるデザインに惹かれたのですが、

着てみるとなんとも着心地がいい。デザイナーの石原さんは

元々は職業パターンナーですからそれもそのはず。

今はご自身でデザイン、パターン、縫製まで一貫して行っています。

量産工場に出していないので、作家といってもおかしくない。

ヘンリーネックのブラックはオーバーオールに合わせて。

サロペットやジャンパースカートのインナーとしてもとても

重宝する素敵なシャツですね。

もちろん、すごくシンプルにデニムに合わせても。

デニムはARTEPOVERAの定番2タックデニムです。

こちらは秋冬の入荷でしたが、これからご紹介予定ですよ。

「シャツ苦手!」とか「シャツ着なくなった!」っていう人にも

お勧めしたいシャツはこれです。

その繊細な中庸性をご堪能ください。

Other blog

  • 2024.06.16Honnete姉妹伴〜特別な存在...Honneteとの…more
  • 2024.06.14Honnete姉妹伴〜特別な存在more
  • 2024.06.13褒め過ぎくらいで丁度いいmore
  • 2024.06.11目の覚めるロングポイントmore
  • 2024.06.07迫力と艶感more
  • 2024.06.04シンプルなだけに。more