annabelle

進化の予感

「マンネリズム」は日本語でもよく「マンネリ」や「マンネリ化」などと使われることが多いのですが、洋服屋をやっていて一番注意していることは、そうならないことかもしれません。それはファッションの定義がその逆にあるからであって、常に新鮮に、面白いことを自由に表現したいと思って働いているから。デザイナーはそれを物作りで表現して、僕らバイヤーは仕入れで表現します。ブランドが20年以上も続くと「マンネリ化」してもおかしくないと考えられるのですが、彼らの展示会ではいつも刺激を受け、新しい発見があるのはすごいことだと思います。

NO CONTROL AIR 無双ステンカラーコート ¥45,650(税込)

展示会に行くと、ものすごい数のお洋服が並んでおり、目移りしたり、順番に見ているうちに最初の方に見たものを忘れてしまったりするのですが、このシリーズは忘れられない衝撃を受けました。良い意味でその他の商品群からはみ出した違和感を同時に覚え、最後まで頭に残るお洋服の一つでした。このブログではコートとジャケットをご紹介しますが、annabelleではコート、ジャケットの他に、パンツとシャツをセレクトしております。

デザインそのものは、NO CONTROL AIRが他の素材でも展開してきたステンカラーコートで、袖が太く、そして大きく湾曲した素敵な袖付けのステンカラーコートです。

また珍しいのは、生地がポリエステルで、製品染を行っている点です。ポリエステルの糸は芯まで染まらないため、通常は製品染にはしないのですが(一部のトップメゾンは除く)特殊な染色技術をもつ染工場と一緒に挑んだ面白いシリーズです。さらにさらに面白いのが、このシリーズが全て「無双仕立」であることです。

無双仕立とは、表地と裏地を全て同じ素材で仕立てたお洋服の仕様を意味します。こちらのコートも、薄手のポリエステルタフタを二重にすることで、保温性やふっくらとした膨らみのある表情を生み、それが大きな特徴として出ています。つい手が伸びるお洋服です。

フロントのボタンは比翼仕立てで、前を閉めるとボタンは見えなくなります。

襟を立ててみると、両側にボタンが付いているため、一瞬「間違えた?」と思ってしまいますが、実は身頃の裏側に、ここに付けるタブが付属しています。

それがこちらです。

このように使います。よく襟を立てて着る方は、襟に付けっぱなしで良いと思います。失くしてしまわないように。

ネックから袖中心にダーツを取ることで、先ほどのようなカーブのある太い袖になりますが、一方で横から見たさいの肩周り(首周りに近いあたり)は細く華奢に見えるデザインです。

ポケットはスタンダードなやや幅広の箱ポケット。

背面の裾部分は長めのベントが施され、足捌きも良いデザインです。

裏側には内ポケットが片側(左身)にございます。

スカートは、HAVERSACKのリップストップ素材のもの。トップスのVネックはARTEPOVERAのカットソーのベスト。その下にはゴーシュのコットンシャツを着ています。ブラック〜グレーのワントーンにオレンジの鮮やかなモヘアのストールを。

赤いレザーバッグを差し色にしてもかっこいい。

色や柄を取り入れたコーディネートも秋らしくて素敵です。スカートはmaison de soilのコットンシルクのブロックプリントのスカートを穿いて。トップスにはSUSURIさんのシルクのタートルを。バッグはARTEPOVERAのリメイクのミニトート。足元はR.U.のブーツです。

スカートばかりのご紹介になりましたが、ブランドのホームページをご覧いただければパンツに似合うことはすぐにわかります。ブランドの発信からは想像できないスタイリングが見られるのもセレクトショップの魅力です。

襟を立てるとこのように。

NO CONTROL AIRのお洋服は、力の抜けた大人服が多く、カジュアルにも少しかしこまった場面にも使えるお洋服がたくさんあります。今回のシワシワ無双仕立てのシリーズも、見た瞬間に「今後の自身の式典はこれだ」と思い、スリーピースで購入いたしました。今から着るのが楽しみです。

NO CONTROL AIR 無双ジャケット ¥40,700(税込)

2つ目は同じ素材のジャケットです。オーソドックスに見えるジャケットは、前身と後見頃のバランスが楽しいジャケットです。ボックスシルエットのように見えて後身の切り替えではややカーブをつけて絞っています。ゆったりしていますが、女性が着用した際もダボダボには見えないジャケットです。

テーラーカラーですが、無双仕立でシワシワなこともあり、堅苦しさは全く感じません。またラペル裏にはボタンがあり、このように襟を立てて着ていただいても良いデザインです。

ポケットは両側フラップポケットがございます。

袖口には1.5cmほどの小さな刻みスリットがございます。これは先ほどご紹介しませんでしたが、コートも同じくです。

無双仕立は総裏仕立とは全く違った良さがあります。なんとも膨らみのあるワクワクしてしまう(個人的に)大好きなデザインです。

ジャケットにも片側に内ポケットがございます。

アイコンとも言える背中の横ダーツ。

真っ黒のシワシワでわかりにくいのですが、ちょっと珍しい短いサイドベント。愛嬌たっぷりで可愛らしい。

僕が購入したスリーピース。パンツは意外にスッキリしたデザインです。

こうやって着るととてもマニッシュで、妻なんかは「ちょっと私には無理」なんて言っているのですが、、スカートで着るとまた別物です。

スカートはmaison de soilのコットンシルクギャザースカート。インナーはSUSURIさんのシルクのリブハイネックセーター。

前からみるとボックスシルエット気味ですが、後ろ姿はややシェイプしたシルエットが印象的です。

ボタンを開けて羽織って着ると、軽いカーディガンのよう。

NO CONTROL AIRの展示会に行くと、必ず特別に目を引く何かがあるのです。ブランドもお店もやっぱりファッションを生業にする以上、そういった部分が必須だと、つくづく教えられる展示会です。人気が出るとさまざまな場所で人目に触れて、それぞれが様々な印象を抱きますが、気になってブランドのページへ行くと一本筋の通った姿が見える。しかもそれが常に変化、進化を続けている。このシリーズは、その更なる進化の始まりになりそうな予感です。乞うご期待。

 

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more