annabelle

「名作サカナヤパンツ」

アナベルでお取り扱いしているブランドのデザイナーさんは、皆さん才能のある人ばかりですが、その中でも「名作」と思えるお洋服がいくつかあります。インパクトがあるのに飽きずに愛され続けているお洋服です。今日はFIRMUMの名作、「サカナヤパンツ」をご紹介します。

FIRMUM サカナヤパンツ ¥39,050(税込)

その名の通り、魚屋さんが胸あたりまで覆い隠して着ているゴム性のつりズボンをモチーフにしています。今はスーパーがあるので、あんまりそれぞれのユニフォームを見ることはありませんが、僕が子供の頃は、魚は「魚屋」。野菜は「八百屋」で買う物でした。僕の住んでいた場所では、2つが横並びで声を張り上げあって活気がありました。あの頃よく見ていた、あの魚屋のパンツです。今は市場に行くと見られるのかな?

サスペンダーは長さ調整も可能で、全てが取り外しもできるので、交差させたり、させなかったり。ご自身が落ち着くところを探して着ていただけるサスペンダーです。

この着き方は、稼働範囲が増えるため、取り外しができるかどうかより、着用して動いた際に着心地をサポートする意味合いの方が大きいかもしれません。

かなり長く太いジップが可愛らしい。

ポケット下にあるタックが特徴的で、シルエットを作る上で重要な存在となっています。

大きな後ろ姿に小さなポケットが視覚的にも面白い。

いつものように、凝ったディテールのフラップポケットです。

アナベルでは、お色はベージュとこちらのネイビーの2色展開。

ベージュというカラー名ですが、ライトベージュよりオフホワイトのような色合いです。

後を交差させて着てみました。妻は交差させない方が好みだそうです。

この感じ。昔のものですが、妻もサカナヤパンツは所持していて、今でも本当によく穿くパンツの一つです。

今回の生地は12番単糸のスーピマコットンを高密度に打ち込んだヘリンボーン素材ですから、ワーク風に見えながらもとても上質さが光る素材です。手に持った感触は少しズシっとしますが、着てしまえば大丈夫。

秋の立ち上がりに、素足からソックスをプラスして、トップスは夏物を駆使しながら、新しいシーズンを纏いましょう。

 

Other blog

  • 2024.07.19夏の浴衣のようにmore
  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore