annabelle

立ち上がり

この前のお休みに、久しぶりにクローゼットの整理を徹底的にやりました。昔は圧倒的に僕の洋服が多く、妻の洋服は笑えるくらい少なかったものですが、annabelleを12年やるうちに妻のワードローブも一丁前になっておりました。迷いがなく、心地よく色とブランドに偏りがある。やっぱり一番多いブランドは「GASA*」でした。

GASA* ”アーチの庭” コートワンピース ¥71,500(税込)

妻は黒ばっかりで白は一つしかなかったが、こちらのワンピースは袖部分がニットで切り替えになったコートのようなワンピース。袖のニット部分の色にもう一色合ったが、アナベルではこちらのヴァイオレットをセレクト。

デザインのベースは、GASA*らしいクラシカルなシルエットのワンピース。

ネック部分にはかぎ針のレースの装飾が。

切り替えにポケットをつけて、前を閉じるとワンピース。開けるとコートのような佇まいです。

裏編と表編みを駆使したジャカードニットに、コチラも袖口の切り替えが可愛らしいデザインです。アンティークの装飾図案に出てきそうなデザイン。

背面にはたっぷりのギャザーが細やかに並びます。

洋服作りでは、雰囲気や「らしさ」をどう表現できるかが一番難しいところですが、GASA*のお洋服はオーラがすごい。

レース使いやゆったりしたクラシックなデザインにもかかわらず、大人のファンが多く、目黒の直営店に長年通うお客様も多いという。僕もデザイナー五十嵐さんのスタイリングが大好きだ。

スタイリングをしていると欲しくなる洋服がある。重ね着に欠かせない「ベスト」。GASA*のコレクションにはベストも多く登場する。

GASA* ”アーチの庭” ベスト ¥49,500(税込)

クローゼットの整理をした際に、我ながら僕のベストの多さに驚いた。つい買ってしまうんでしょうね。バイイングもそうかもしれません。今シーズンはGASA*だけで2つにベストをセレクトしています。

ベストには珍しい切り替えのサイドポケット。

ベストは背面がニットになっています。

他にまだ納品された商品が少ない中、真っ白でコーディネートしています。

ボトムスはゴーシュの極太パンツ。

時にはワンピースの上から。

この前シーズンの立ち上がりもあって伊勢丹見学に行ってきました。大きな今のファッションの潮流を感じることができた一方で、「変わらないものの良さ」を再認識することもできました。大きな潮流の中にあって、時代に媚びすぎないかっこよさのようなものを感じさせるブランドもあってなんだかホッとしたところです。アナベルでお取り扱いするブランドもそんなブランドが全てです。トレンドを見ていないというわけではなく、意識しすぎないところがいい。GASA*はとりわけそれが強いので、だからこそ同業者のファンも大勢いるのだと思います。この撮影をした頃とは異なり、たくさんの秋冬商品が入荷し、気がつけばそろそろ全部が秋冬商品に変わろうとしています。撮影は全く追いついておりませんが、皆さんもぜひ立ち上がりを見学にいらしてください。

 

Other blog

  • 2024.07.19夏の浴衣のようにmore
  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore