annabelle

船上のダンスシーン

様々な異なる要素を散りばめて、、、というキーワードで、ここ数年のSUSURIさんの服作りは進んでいる。毎回テーマや色合いは変わりつつ、展示会に行くとしっかりブランドらしさやデザイナーらしさが漂っている。これは当たり前のようだけど大切なことで、どこへ行ってもそうかと言うと、そうでもない。ブランドを見る際に一番気にしていることは個々の洋服よりもむしろその漂う空気感を感じられるかどうかなのかとも思うほど。SUSURIらしいドレスのご紹介です。

SUSURI ロンドドレス ¥69,300(税込)

店頭でも皆さんが目にとめるアンティークのような図案と色合いのプリントです。デザインは幅広いスタイリングをお楽しみいただけるキャミドレスタイプで、インナーの変化に合わせて小物を変えてみると、きっと様々な表情を見せてくれるはず。

トップス部分はキャミソール型のデザインで、紐は共布です。切り替えで分量感のある細かなギャザーが並びます。

ボタンはSUSURIらしさが最も感じられるポイントの一つでしょう。デザイナーのボタン好きは有名です。たまにジップのお洋服が登場すると、賛否両論が巻き起こるほど。「SUSURIといえばボタンでしょ」と、バイヤーもファンも決めつけた感があるので、個人的にはたまに裏切りのジップを期待してしまいます。

今回の美しい形のボタンは、デザイナーが所持していたアンティークボタンをモチーフにして、オリジナルで製作した特注ボタンです。扱いもしやすいそうで、好評です。

ポケットもあり。素材は涼しげで素朴な柔らかいコットン素材で、薄手です。

ギャザーからのドレープで、着用した際の布地のゆらめきが想像通り美しいドレスです。スカート部分も一重ですので、透け感はございます。ペチパンツや同ブランドのフルッターパンツなどは相性のよい組み合わせです。

このドレスは、後ろ姿が最高です。紐を緩めてお好きな位置で結いて着ていただくデザインです。合わせるものによって変わる印象をお楽しみください。

インナーにはSP(エシュペー)のTシャツ型のブラウスを合わせて。

この袖したがふんわりと膨らむ布地の分量感が良いですね。カットソーやニットとはまた違った雰囲気をお楽しみいただける。

後ろ姿はとても女性らしい佇まい。

SUSURI ロンドドレス ¥52,800(税込)white

さらりとしたコットン素材は、一見ガーゼのような甘いソフトなタッチではあるのですが、しっかり触ると意外に密度もあり、しなやかでしっとり感も感じる不思議な風合いのコットン素材です。プリントと同素材の無地バージョン。

こちらはボタンがシンプルな同色のものを使用しています。

その代わりに、、無地は裾にぽんぽんレースがあしらわれ、この上からのレイヤーも楽しそうなデザインです。

カラーは往年のSUSURIを感じさせるホワイトとブラックの2色展開。

ブラック

klauseのリネンシャツに重ねて。

ホワイトのレイヤーは、ふんわりとした印象ながら迫力も兼ね備えています。ぜひお試しください。

シンプルにTシャツやフレンチスリーブにもかっこいい。肩幅の広いタンクトップなどにも素敵です。

こちらはklauseのリネンバンドカラーに合わせて革靴で。

こう着る仕様になっているわけではありませんが、デザイナーもお勧めしていた着方です。肩紐をおろして心地よいところで結くだけのシンプルなアレンジ。

ロングスカートとしてどうぞ。

ブラックはklauseシャツのミントに合わせて。

こちらもスカートでブラックに爽やかな明るい色を合わせる感じ、結構気に入っています。ぜひ皆さんもこの夏お試しください。

狙ったわけではありませんが、Tシャツの合わせも似た系統の色になりました。グレイッシュなミントグリーンのような絶妙曖昧カラーはCLOSELYの定番Tシャツです。

通信販売ページでは様々な角度からの写真がございますのでぜひそちらもご覧ください。キャミワンピは、トップスに色々なデザインのお洋服を合わせられるのが楽しいところ。ふんわりデザインからTシャツまで、お好きな表情でお楽しみください。

デザイナーのイメージは、「船上のダンスシーン」です。

 

 

 

 

 

 

Other blog

  • 2024.06.16Honnete姉妹伴〜特別な存在...Honneteとの…more
  • 2024.06.14Honnete姉妹伴〜特別な存在more
  • 2024.06.13褒め過ぎくらいで丁度いいmore
  • 2024.06.11目の覚めるロングポイントmore
  • 2024.06.07迫力と艶感more
  • 2024.06.04シンプルなだけに。more