annabelle

我が道すすむロングシャツ

何か自分で着られるものはないかと、、しきりに探してしまうブランドがあります。「SP(エシュペー)」というブランド。昔の名前は「STASTNY SU(スチャストニースー)」という。デザイナーは赤丸さんという少し変わった名前の男性で、我が家でも妻と二人で話題になるくらい独特で楽しいキャラクターの人。変わり者だけど我々夫婦は大好きなデザイナーさんです。これでもかというくらい我が道をゆくタイプなのに、全くそう見えないところが愛らしい。今日は赤丸さんがこだわり抜いたロングシャツのご紹介です。これのメンズが欲しい。。

SP(エシュペー) ロングシャツ ¥31,900(税込)

こちらはビンテージホワイトという色名に相応しい絶妙なホワイト。気がつかない微妙な程度の色合いではなく、誰が見ても少し変わったホワイトで、「アンティークやビンテージの白を再現したホワイトです」というと皆さん納得してくれるホワイト。

ネックは少しゆとりのあるネック寸のバンドカラー。この写真でも縫製がとんでもなく美しいことがわかるほど上質です。

コバステッチも美しいのですが、反対側の細幅のダブルステッチも目を引きます。

裾はシャツテールで、後みの分量感があることがここでも窺えるほど。前後差も大きめです。

スリットと言えるもどのシャツテールのサイドには、裏側から見ると小さなランチパックが貼り付けられたかのような小さな正方形の当て布がされています。

袖はたっぷりとしていますが、着用した際にそれを感じさせないスッキリとした印象です。また写真では分かりませんがGジャンのような切り替えのシャツには珍しい2枚袖になっています。

その切り替えに沿ってカフスの開きがある。その開き目にはかんぬきかな?と思いきや、、なんとボタンループなどに使用されるループ紐がかんぬきのように横たわっていました。。展示会では気がつかなかったし、赤丸さんも何も言っていなかった。何だろう、、この難易度の高い間違い探しみたいなデザインは。

カフスにはギャザー。

ビンテージホワイトはボタンを2つ開けて着てみました。ボトムスは相性のいい同じブランドのあのチノパンです。

さりげなくおしゃれで、大人っぽいカジュアルスタイルではないでしょうか。

要所要所のギャザーや素材感、最も特筆すべきはやっぱり縫製レベルの高さかもしれません。とっても着たい。メンズを作ってくれないかな。。もしくはワンサイズ上のサイズでもいいから。

こちらはビンテージホワイトより黄身がかったベージュです。生成りよりも黄身が強いベージュ。

パンツは昨年大人気だった「YUI(ゆい)」のレイヤーパンツ。今年は昨年よりやや地厚なペイズリー柄をはじめとする、ちょうどいい柄物4色で登場しています。

この分量感にこの長さ。絶妙な前後差。なかなか見ることがないほどに上質なオックスフォード素材に変化球だらけの縫製仕様。それに応えるかのような高すぎる縫製レベル。シャツ好きな方は買った方がいい1着です。

 

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more