annabelle

IN MOURNING IN THE MORNING

スタイリングを考えたり、セレクトを行うときに一番に思っていることは、考えられる滑らかな着地点や組み合わせに、違和感を覚えるような何かを加えてみることです。もちろん全てにそれが適用できるはずもないので、そういう思考を癖にしておくと言ったほうが良いかもしれません。きっとそんなふうに考えている同業者やその近しい人たちはたくさんいるのかもしれませんが、SUSURIさんはそれが際立っているブランドの一つかもしれません。2019年あたりから連続的に、同様のテーマを掲げ続けてコレクションを発表しています。「一つのものに込められた異なる要素」。もしくは「様々な因子から一つのものを作り上げる」。映画や舞台の人間模様も語りながら、ほとんど同一のことを追い求めているように感じます。

そんなSUSURIの今シーズンのテーマは、「IN MOURNING IN THE MORNING」。
あるオペラ歌手の散骨のために大きな船で海へ出る。そこに集まった友人知人の様々な人間模様と装いを連想させるコレクションです。

SUSURI シロッコブラウス ¥46,200(税込)

椿をモチーフにしたオリジナルのジャカード柄は、フェードした色合いもあり、SUSURIらしい少し儚げなクラシックを連想させる色柄でした。と同時に、とても色合わせがしやすそうな、重ね着がスムーズにまとまる柄だとも感じました。かなり幅広くたくさんの色域とコーディネートできる柄物かと思います。

Vネックは縦に長いシャープなVネックです。インナーにカットソーを合わせて見せてもよし。素肌にアクセサリーを合わせてもよし。

どことなくブルゾンの襟を細くしたような切り替えが特徴的です。

内側にひねりが加えられた素敵な袖。

フレアラインを出すための切り替え。

ジャカード素材の裏側。

今回はannabelleで最も多いワイドタイプのパンツではなく、細身のゴーシュのパンツに合わせてスタイリング。実はシロッコブラウス自体は、別な生地で何度か過去にご紹介をしたことがあり、おそらく僕の記憶ではワイドバルーンタイプのスタイリングを繰り返していたような気がしましたので、いつもと違う感じを求めてのこちらです。

自然にフロントタックのような見え方が生まれるのがこのお洋服のポイントの一つでもある。一見極端に見えるフレアラインも、体に沿ってある程度ドレープが生まれ、それがタックに見えています。とても美しく、しっかりと目を引くようなデザインがなされたブラウスです。

合わせるものを変えることできっとまた違った側面を見せてくれることでしょう。今回はannabelleで見る回数の少ない、細身のパンツとヒールを使いました。

SUSURI ブライニーブラウス ¥38,500(税込)

もう一つ、同じ素材でご紹介です。これは初めての形。そして「らしさ」が全開のブラウスではないでしょうか。

SUSURIさんに多くみられるやや小さめのクルーネック。

アームホールはやや広めで、一枚で着ることは難しい分、Tシャツを重ねてコーディネートに幅を持たせることができる、嬉しいノースリーブブラウスでもあるのです。

こちらもジャケットの「サイバラ」のような切り替えで、極端なフレアラインを作っています。

置いてみるとこんな具合です。

外側の切り替えは縫われていますが、内側はジャケットのベント風にステッチが刻まれたタックになっています。これは本当にベントのように開けるかどうか迷ったのかな?今度聞いてみようと思います。

背面のボタンと開きは非常に長い。
全体に、パッと見はレトロなように感じるシリーズですが、実際に着てみると全く新鮮な洋服です。綺麗なフレアラインも、現在のボトムシルエットをしっかりと意識したカーブが心地いいし、かっこいい。

HAVERSACKのワイドストレートシルエットのパンツに合わせて、シンプルに。

着てみると、見ていた極端なフレアラインは落ち着きを見せ、少し引いてみた全体のシルエットの美しさを際立たせるような印象でした。非常にスッキリと見えるブラウスです。

また、背面のベント風に畳まれた裾のタックがとてもいい。

重ね着した際のインナーとしても抜群の存在感を醸します。

また、ダボっとしたデザインTシャツなどでなければ、このように重ねて着ることができるので、Tシャツにベストを重ねるような感覚でスタイリングを楽しむのもありなブラウスです。

今回合わせているのは、annabelleでベーシックTeeとしてお馴染みのFabriqueのもの。お持ちの方も多いのではないでしょうか。

その上からTRAVAIL MANUELのリネンボレロカーディガンを羽織って。裾のレイヤーも個人的にかなり好み。Tシャツをブラックやレッドにするのも良さそうです。クラシカルで様々な要素の混ざり合った1着のブラウスを、さらに様々な要素を組み合わせてスタイリングを作ることで、深みのあるシンプルでさりげないおしゃれなスタイリングが見えてくるような気がします。

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more