annabelle

アンバランスバランス

スタイリングのコツは?

僕の中では、サイズ感を育むことです。

昔、古着屋さんで洋服を買っていた時代、

どうしても気に入ったけどどう見てもでかいTシャツがありました。

自分が当時履いていたズボンには合わない。

マッチ棒みたいで尚且つ短足が目立つ。

試着室でなんとかこのTシャツをかっこよく着る方法はないかと

考えた僕は、ひらめきました。

「ズボンもデカくしたらかっこよく見えるんじゃない?」

案の定、サイズオーバーのパンツを合わせたらかっこいい。

そんなことを繰り返すうちに、適正サイズ〜オーバーサイズまで、

いろんな洋服を合わせることを自然に楽しんでいた。

洋服業界で働くようになって数年経った時、

NO CONTROL AIRの存在を知りました。

第一印象は、「サイズバランスで遊んでるブランド」でした。

すごく興味をそそるもので、自身でお店を始める時も、

スタートからお取り扱いするリストには入れていた。

予算上、叶わなかったのですが、数年後お取り扱いをスタートしました。

今も昔も、面白いものを作っています。

FIRMUM
裾ゴムバルーンカーゴパンツ
¥27,500(税込)

生地は80番単糸のタイプライタークロスにカレンダー加工という

特殊な加工をしたコットン100%の素材です。

金属のローラーで生地に圧力をかけて、艶を出し、タッチは軽く

パラパラとした音を立てる。

ウェストはいつも通り、ゴムと紐です。

キュッと絞った裾ゴムと脛当てのような位置にある膝当ての

ディテールが極端で面白い。

サイドのポケットは立体的な膨らみのあるデザインが好印象です。

ヒップポケットはこのようなデザイン。

いちいちこういったところで見たことのないデザインを

入れてくるのが彼らの面白いところ。

だってここ、、見えませんからね。

色はこちらのコルクと、白っぽいのはアッシュホワイト。

2色展開で取り扱っています。

メーカーではブラックもありました。

これが普通のミリタリーパンツのシルエットだったらどうでしょう?

裾が紐で調整できるタイプだったら?

膝の切り替えがもう少し上だったら?

ミリタリーパンツだから地厚な方がいい?

ミリタリーパンツのおおよその「普通」に逆らった結果がこのデザインです。

デザイナーの米永さんとお話ししているとそれがよくわかります。

「ふーん、それが普通なのか。じゃあ、別な方法を考えよう。」

というタイプの人ですから。

たまにやりすぎてるな、、なんて感じることもありますけど、

でもファッションの基本はそれだろうと共感します。

大きなTシャツが着たいからズボンを大きくするように、

着丈の少し長めのシャツが着たいから股上の下がったズボンで

バランスをとる。鏡の前に立ってみるとなんだかスボンのシルエットが

気に食わない。裾が細かったらいいのかな?なんて考えてそこにある

クリップでつまんでみる。「あ、これだ!」と思う。

そんなバランス遊びみたいなスタイリングごっこを

随分たくさんやってました。

米永さんもそうなんじゃないかな?

それにしてもこの極端なシルエットでブランドをやろうという

その気概がすごい。こんなバランスのズボンなかなかないから、

想像していた人は買いますよね。僕は買っちゃいました。

革靴でもサンダルでもスニーカーでも、色々なパターンを

想像しています。

同じ素材のフードシャツブルゾン
¥26,950(税込)

こちらも2色展開です。

今まではポケットなしのシャツパーカーを長く提案してきましたが、

今回はポケット付きでよりブルゾンぽい雰囲気。

今から夏が始まるまでの羽織として活躍します。

ちょっとスポーティーな感じで。

モノトーンで、足元はDELMONACOの鼻緒サンダル。

こういうスタイリングも、足元でガラッと変わったりしますよね。

多分ソックスにスニーカーでは重いな、、とか、

革靴だとかっこいいけど軽さが出ないし、ちょっと硬いかな、、とか。

素肌を見せてあげると軽くなるので袖をまくったりロールアップを

したりすのですが、それもしたくない場合、サンダルですね。

長い裾は出しちゃいましょう。

かえってカッコいい。

最近、上の娘が僕らのクローゼットをチラチラ見に来ては

少し持っていって着ているのですが、それを見て思います。

「本当に同じ服か?」って。

若者は基本プチプラなお洋服で合わせるので、僕も普段見たことが

無いような着方でアナベルの洋服を着ています。

しかもそれがカッコいい。

しかし妻が同じスタイリングをしても悲しいくらい似合わない。

やっぱりスタイリングはパーソナルなもの。

自身の体型やキャラを自分でよく知って、色々試してみるというのが

すごく大事だし、それがファッションを趣味にした場合の醍醐味。

そんなことをやっているうちに、凝り始めて求めるのは、

アンバランスなバランスのいいところなんです。

整いすぎない感じです。

新しいスタイルの発見をお楽しみください。

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more