annabelle

“手紙が伝えたこと”

洋服の展示会で、直接デザイナーとお話ししていると、デザイナーの

好みがとてもよくわかります。

GASA*の今シーズンのテーマは「Forest great house “森の中の邸宅”」で、

イメージソースとなったのは、イギリスの時代劇ドラマ、「Downton Abbey」。

1912年のタイタニック号沈没から物語が始まり、その後15年間を

6シーズンに分けて放送していたドラマだそうです。

第一次世界大戦の終結から、第二次世界大戦の始まりまでの戦間期を

華やかに描いた貴族たちの物語は、GASA*デザイナー五十嵐さんの大好きな

ファッションが盛り沢山で、各時代でたくさんのスタイルが楽しめる、

時代劇でありながらファッション好きにもおすすめのドラマです。

今日はそのGASA*からオリジナリティーあふれるプリントのパンツを

ご紹介します。

GASA*
“手紙が伝えたこと” ¥50,600(税込)

1912年から15年間というと、時代背景としては日本で言うと大正時代。

当然、人々の連絡や思いを伝える術は、手紙でした。

このパンツは、その時代に使われていたアンティークのノートを

現代のインクジェットプリントで再現したものになります。

経年で付いたノートのシミやインクの滲みまでしっかりと再現された

プリントは、裁断の場所によって少し見え方が変わりますので、

アナベルにある2点の商品をA、B、という形で販売しようと思います。

デザインは、タックのたっぷりと入ったパンンツですが、

履いてみると意外にすっきりとした印象のパンツです。

フロントはボタンで留めるデザインです。

裾は紐で絞れます。

背面は両ポケで後ろだけウェストにゴムのあるデザインです。

ウェストにはゆとりがございます。

布地の雰囲気もさすがで、アンティークの布を触っているような

なんとも言えない質感です。

オーガニックコットンを使用していますので、軽さといい意味での

粗野な雰囲気も魅力的です。

着丈は少し短めです。

ヒップ周りは丸みはありますが、下に落ちる感じはなく、

実際の履き心地とは裏腹にすっきりとした印象です。

”Forest great house” 「森の中の邸宅」

それは煌びやかで、まるで宝石のような、

さも意味ありげな人々が集まる場所。

それぞれの登場人物を空想してのコレクション

ドラマを少し見るだけで、GASA*のデザイナーが好きな

世界観がよくわかります。あの時代背景を想像してGASA*の

コレクションをみると、また違った感触を得られます。

色々な角度で、お洋服をお楽しみください。

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more