annabelle

ちょっと上品に。

季節の変わり目は、年間着られるものを中心にご紹介が続きます。

今回は、maison de soilから久しぶりの登場となったこちらです。

maison de soil
コットンシルクワンピース
¥37,400(税込)

インドのチャンデリ村で手織りで作られているコットンシルク素材は、

年間着用できる上品なカジュアル素材です。まさに今のファッションの

空気感にぴったりです。久しぶりの登場が嬉しいタイミングでした。

絶妙な開き具合のクルーネック。

後ろ下がりも重要です。

インド、ラジャスターン地方で多く見られる細かなピンタックギャザーは、

ラジャスターンピンタックとも言われる美しいピンタックです。

背面のボタンや袖口のボタンは全て共布の包みボタンです。

ポケット、裏地付きで裏地は心地よいボイルコットンです。

カラーは、ネイビー、ブラック、マスタードの3色展開で、

サイズは着丈だけが違う2サイズ展開です。

155cmの妻で短い方のサイズをワンピースで着るとこのくらいです。

こちらで着丈は110cmです。最近は120cm前後のワンピースも

多いですので、155cm前後の方もお好みでロングを着ても良いのでは

ないでしょうか。ちなみに、目安として155cmの妻でマキシサイズが

125cmです。

やや低めのウェスト切り替え位置が特徴的。

ネイビーはホワイトのボトムスがチラリと見えるスタイリングで。

インナーには毎年恒例の大人気アイテム、ゴーシュのコットンカシミアの

ハイネックを着ています。こうすることで重ね着もかさばらず、

薄手のコットンシルク素材でもしっかりと秋冬を謳歌していただけます。

もちろん、春夏にも重宝する素材感ですので、真夏以外は着たいだけどうぞ。

ブラックは久しぶりに細身のデニムを合わせて。

エンジ色のソックスでアクセントを。(ソックスは私物)

ニットとの合わせが楽しみなワンピースです。

カーディガンと本日入荷した「en(えん)」のネックレスや

ブローチとのスタイリングは想像するとワクワクします。

いい具合の光沢感と素朴な印象のセーターやーコートとの

組み合わせもぜひお楽しみください。

ワンピースのほか、実はブラウスも入荷しています。

シンプルなボトムススタイルに少し上品なシルクの光沢感が

欲しい方にはぜひお勧めのブラウスです。

黒がなきゃ黒か?と思えるようなネイビーとマスタード、

そしてこの上ない黒の3色です。

スタイリングは通信販売ページでどうぞ。

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore