annabelle

異端児

アナベルは僕がパンツ好きということもあって、オープン当初から

パンツスタイル中心のお店を目指してきました。当然、いつ来ていただいても

なかなかな量のパンツが並べてあるのですが、並んでいるものの癖が強いのも

確かです。「細身のスタンダードなパンツを探しています」と言われるのが

最も辛い質問で、ゴーシュのカツラギテーパーパンツを切らしていたら、

他に何もありません。そうなんです。お店にたくさん並ぶほとんどが

太いパンツか変形パンツです。

今日は変形パンツの代表、サルエルパンツをご紹介します。

SP(エシュペー)
コットンチノサルエルパンツ
white ¥27,500(税込)

以前にコットンリネン素材でご紹介したサルエルパンツが

スタイリッシュで素敵すぎて、展示会で見たお気に入りの素材に

載せて、for annabelleとして特別に作っていただきました。

色は、ホワイト、ベージュ、ブラックのスタンダードな3色展開。

以前のコットンリネンはワンサイズでしたが、今回は1(S)、2(M)の

2サイズ展開となります。

ウェストはゴムと紐ですので、ウェストヒップは幅広い方に

フィットするパンツだと思います。

脇はノーシームですので、ポケットは僕の好きな切り込みポケットで、

ちょっと丸みがあるのも素敵です。

裾幅もかなりワイドで、股下が裾のすぐ脇まできています。

横から見たらこんな具合です。

土管のようなワイドパンツに大きなマチ布が挟まったようなデザイン。

基本的なサルエルの構造に忠実ですが、着用した際の立体感は全くの

別物で、以前にも言いましたが、とってもスタイリッシュな印象です。

正面から開脚するとこのように。

この布が着用すると最初のうちは少しモゴモゴしますが、

穿いているうちにだんだんと馴染んで柔らかくなってきます。

ベージュ

ブラック

ホワイト、ベージュ、ブラックの3色展開です。

今回、通信販売でのご紹介前に、ベージュのブラックのMサイズは

完売しております。また、通販の商品ページでも少し触れておりますが、

今回の素材はデザイナーが想像していたよりも、縮みが出たようで、

ベージュとブラックは、想定の長さよりも5cm程度短く出来上がりました。

また、ホワイトは3cm短く上がっております。

よって、春夏にご紹介したものより全体に短くなっていますが、

これはこれで素敵でしたのでぜひスタイリング写真を見てご判断ください。

こちらは、ホワイトのMサイズを穿いています。

トップスはこの後ご紹介予定のFACTORYのベビーキャメルの

ロールネックセーター。相変わらず最高の肌触り。

正面から見ると一見普通のワイドパンツに見えますね。

それもこのパンツのいいところです。

少し動いたり横から見ると、だいたい後ろからちょっと

マチ布が除く感じです。おそらく布地が馴染んでくると、

この出っ張りが収まってきます。

馴染むよう、たくさん穿いてお洗濯してくださいね。

こちらもホワイトのMサイズです。

こちらもトップスが似ていますが実は違います。

FACTORYの裾カーブセーターの新色カラシイエロー。

155cmの妻がMを穿くと、少し大きいような印象です。

実際に穿いている妻も同じような意見でした。

多分160cm〜165cmくらいの方が穿いたら、このサイズは

最もかっこいいような気がします。

上からコートを着て。

素材はしなやかなコットンチノですので、ほぼ一年中

着用していただける素材感です。これから寒くなったら、

インナーにタイツなどを穿いて真冬は着用してください。

きっとブーツとの相性も良いと思いますよ。

シャツ一枚でラフに着てもいい。

タックインをするとよりかっこいい。

さらにウールのジャケットを羽織って。

ざっくりしたウィンターリネンのシャツにウールを重ねる

感触がたまりません。ウィンターリネンのシャツは、春夏に

大好評だったklauseさんのもの。デザインは同じですので、

秋冬用にぜひ。

こちらはブラックのSサイズを穿いています。

妻ですとこちらのサイズが良いのかと思います。

トップスはこちらもFACTORYのヤクのタートルネックセーター。

切り替えのハンドステッチやチェーンステッチが特徴的なデザインです。

靴を変えるとだいぶ印象に変化のあるパンツではないでしょうか。

初めのうちは、後ろからマチ布がピョコッとはみ出て可愛らしい。

klauseのウィンターリネンのシャツをサラッと一枚で。

タックインをしてヒールを穿くと、また印象が大きく変えわります。

ぜひトップスやお出かけ先のイメージで、色々なスタイリングを

お試しください。FACTORYやSPのサルエルを穿いていると、

他のお洋服屋さんで店員さんに聞かれることもあるみたいで、

何だか嬉しい限りです。

モノトーンなスタイリングでかっこよく。

羽織ものはFACTORYのヤクのローブカーデ。いつものカーディガンですが、

若干のマイナーチェンジと、色数が増えて登場しました。

ざっくりとしたウィンンターリネンにふわふわのヤクのセーターが

最高の組み合わせです。

最後はベージュのSサイズです。

先ほども申しましたが、ブラックとベージュはSサイズのみの

ご紹介となります。背の高い方、申し訳ございません。

こちらもトップスはFACTORYのヤクのセーターです。

少しゆるっとしたタートル部分が特徴的。長さも絶妙です。

実は別注をしたいと思ったきっかけは、この生地でした。

「チノ」とデザイナーに言われてから触るとより「チノ」とは

思えない滑らかな手触りは、加工を施すことで出来上がった

タッチだそうで、その加工のおかげもあって、この何とも言えない

ベージュが完成したそうです。

僕は展示会場に入ってすぐからこの生地の色が気になって気になって。。

触ったらなおさら好きになりました。

こちらもベージュのSサイズ。

ベージュを初めて見た時、一番最初に頭に連想されたのは、

高校時代によく遊びに行っていた横田基地の脇にある福生の

古着さんでした。今は少しおしゃれな古道具屋やアンティークショップが

並びますが、30年ほど前は米軍払い下げのサープラスショップが並んでいて、

なんか安くて面白いものがないか、漁っておりました。

このチノのベージュは、その頃の思い出が蘇るような色合いでしたので、

何となくネイビーにサンドっぽいキナリのHonneteの大判ショールで、

でっかいミリタリーウェアのリメイクバッグを持って、それっぽく

スタイリングをしています。

サルエルは、みんなが穿くようなスタンダードには間違ってもならない

パンツだとわかって販売しています。一生たくさん売れることはないでしょう。

しかしどうでしょう。意外に長いことファッションの中に根付いていると思います。

僕が初めて「サルエルパンツ」という名を認識したのは、おそらくざっくり20年

ほど前、代官山に直営店があった、フラボアというブランドが最初でした。

当時も斬新な印象で、もう少し民族的なアプローチでモード感のあるかっこいい

提案だったことを覚えています。もちろん僕が覚えているのがそれであって、

もっと以前からファッションの世界にあったのだと思います。

そもそもが「モン族」の穿いている民族衣装なわけですから。

そう考えると、特殊ながら随分長いことファッションの世界に在り続ける

異端児の一つなのだと思うのです。トラディショナルな民族服が起源であって、

決して流行ることなく長く在り続けるパンツ。

そう考えると、なおさらアナベルにあるべきパンツだと思えるのです。

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore