annabelle

上質さで大人っぽく

今年は10月にしては久しぶりに冷え込みが早く、朝晩のことを

考えるとセーターの登場が早いですね。我が家で最もクローゼットを

占めているセーターといえばやっぱりFACTORYです。

もうお付き合いも長くなり、例年のように別注品を作っていただいております。

今年はアナベルでも長年大人気のあのカーディガンでショート丈を

作っていただきました。

FACTORY

ヤクショートローブカーディガン
Grey ¥33,000(税込)

ショートと言いましても、着丈は56cmございますし、着用すると

前後さの出るデザインですので、後ろはヒップライン程度の長さは

ございます。アナベルでは1年ほど前から、着丈の短いアウターや

ジャケットを少し増やしてきたのですが、こちらもその一環です。

近年、ロング丈の提案が多く、長く続いておりますので、みなさま

そろそろこの位の着丈が欲しいのでは?と思いまして。

それに、お客様のお話を聞いているとどうやら通常のロング丈では

ご自身のコートやアウターから裾が出てしまうというお声もありました。

素材はいつも通り、極上のヤク100%です。

ヌクヌクとしたボリューム感は、同じ獣毛のカシミアにはない

タッチで、カシミアと並びとても人気のある素材です。

こちらは原毛の色そのままになります。

お客様で気が付かれた方がいたのには驚きましたが、実は今までの

カーディガンよりリブの丈が数センチ長くなりました。

ちょっとしたことですが、僕の中ではこのマイナーチェンジは

とても好印象でした。

前見頃はとっても分量が多く、平置きにするとこのくらい重なります

ので、それはそれは温かい。毎年真冬にはコートの下に着る方も

大勢いらっしゃいますが、これがあるおかげでコットンコートの

出番が増えたりします。

上部分の大きな面積が前身部分です。

上質なヤクを贅沢に使用したヌクヌクのカーディガン。

ぜひお試しください。

また今回は、カーラー展開が増えたことも嬉しいところ。

Brown

Dk.Brown

この3色がヤクの原毛の色。つまり染色をしていないヤクそのものの

お色です。ちなみにヤクは、うし科の動物で、毛の長い牛さんを想像して

いただけると、それがヤクです。

Black

ブラックは昨年もありました。こちらはFACTORYさんで染色をされている

色になります。染色は着初めの感触が硬くなりがちですが、こちらは

最初から非常にソフト。僕も何年も愛用していますし、コートの下に

も着たりと酷使していますが全く毛玉もできていません。

満足度の高いカーディガンです。

Bordeaux(ボルドー)

こちらが新色のボルドーです。

非常に深みのあるニュアンスカラーは扱いやすいカラーです。

ぜひスタイリングも参考に。

ロング、ショートともに5色展開でしたが、ロングのグレーだけ

完売となっております。どうしてもそれがいい!というお客様は、

遠慮なさらずにお問い合わせください。ご用意ができるかもしれません。

ロングの商品写真は、ショートと似ていますので、違いのあるポイントを

ご紹介しますね。

お色はグレーが完売で、4色展開でのご紹介です。

左から、ブラウン、ダークブラウン、ボルドー、ブラック。

違いは着丈とこちらだけ。

ロングはポケットがございます。

ニットカーディガンのポケットですので、使用するかどうかは

わかりませんが、以前のものから継続で、同じデザインの

ポケットが付いています。ロングではデザインのポイントにもなっています。

完売しましたが、こちらがロングのグレーです。

全部を比較した上で、こちらがいい!というお客様は

一応、お声がけください。こちらは別注ではありませんので、

メーカー在庫があるかもしれません。

freeman Bのカシミアに重ねる贅沢さ。

シンプルなデニムを穿いていても、素材の上質さで大人っぽさを

語るようなスタイリングです。

肌にはカシミア、そして外側はヤク。

ヤクもカシミアも上質なものほどぜひ水洗い洗濯をお勧めします。

もちろん洗剤にも拘っていただきたいのですが、ご用意のない方は

中性洗剤のおしゃれ着洗いであればご家庭でお洗濯が可能です。

こちらがブラウンです。

GASAのシャツドレスに羽織って。

インナーのレギンスはカシミアのゆるレギンス。

さりげなく、かなり贅沢なスタイリングです。

しばらくはこれがコート替わりになるような温かさです。

ロングのブラックです。

GASA*の上質なライトメルトンのおしゃれなパンツに上品に。

まさに、あえての大きなリメイクバッグが効いています。

こういうの、、僕の大好きな違和感です。

ブラックはモノトーンにバッグでカーキを差したスタイリング。

赤やパープルなどの強い色同士のスタイリングが今年っぽいかもしれません。

もちろんブラックは万能で、チノやデニムなどのカジュアル系とも相性良し。

個人的一押しはボルドー。

入荷前からスタッフにボルドー、ボルドーと騒いでました。

ボルドーも赤系ですので、基本に忠実に「赤、黒、白」でコーディネート。

シックで落ち着きのある色合いですので、バッグやストールなどの

小物で遊びを取り入れてもまとまります。

ゆとりのあるデザインですが、着用すると意外にもスッキリ見えますし、

この上からコートを着る人が多いくらいですから、大きすぎて

もたつくようなデザインではありません。インナーにシャツや

薄手のニット、場合によってはアンサンブルでもかっこいい。

上からmaison de soilのキルティングシルクコートを。

こちらがラフなパンツスタイルでさりげなくインナーはカシミア。

その上から重ねます。先ほどと同じく贅沢な重ね着。

もう何度も登場している写真ですが、こちらがダークブラウン。

色合いは可愛らしく、素材は温かく。

ブロックチェックのスカートもウール素材で、薄手のセーターは

freeman Bのカシミア。その上からダークブラウン。

実際に見ると柔らかく優しい色合いですので、靴とバッグは

ブラックで引き締めています。

スカートやワンピースにも合わせやすい着丈ですよ。

そしてannabelleでしか販売していないショート丈。

サンプルが届いたのは真夏でしたが、テンションはかなり上がりました。

とてもおすすめのショート丈のスタイリングをお楽しみください。

こちらがグレー。

真っ赤なワンピースはmaison de soilのウール素材で、フロントには

刺繍が入りますので、相性が抜群でした。

セットで絵になるお気に入りのスタイリングです。

ショート丈ですので、短めのアウターのインナーにも活躍しますよ。

こちらはブラウンです。

ストレートワイドのHandWerkerの定番パンツに合わせてカジュアルに。

カジュアルながら素敵なシルエットのパンツとインナーに着たゴーシュの

イタリアンウールのセーターの上質さから、とても大人っぽいスタイリングに。

ホワイト、グレー、優しいブラウンでまとまっているので、

バッグで鮮やかな色を入れてみました。

こちらはダークブラウンです。

ダークブラウンは、今までやりたかったけど機会がなかった

アンサンブルにしてみました。贅沢すぎるアンサンブル。

FACTORYのヤクのタートルの上からショートカーディガンの

同色を重ねて。enさんの枝のブローチをアクセントに。

スカートは先ほど登場した赤のブロックチェックの色違い。

こちらはネイビーのブロックチェックです。

当然めちゃくちゃあったかい。

寒がりさんにはおすすめのアンサンブル。

コートはゆったりとしたAラインコートなどがおすすめです。

きっと素敵ですよ。コートは薄くても十分です。

お次はボルドーです。

今回はボトムがネイビーのコーデュロイパンツです。

トップスはブラックのリネンで色合いはシックな印象でしたので、

こちらもバッグで遊びを取り入れて。

フロントをenさんのブローチで留めてみると、ニット素材の

ジャケットのような感覚で着ていただけます。

インナーのざっくりとしたウィンターリネンにやや光沢感のある

ネイビーのコーデュロイパンツ。そしてヌクヌクとしたヤクの

カーディガン。この組み合わせは、素材のレイヤーも一緒に

お楽しみいただけるような気がします。

ぜひ取り入れてみてください。

パンツはこれからご紹介となるこちらもannabelle別注の

blue in greenのコーデュロイワイドバルーンパンツです。

最後はブラックです。

ブラックは先ほどのボルドーの色違いバージョン。

こちらもパンツはコーデュロイで、先ほどの色違い。

なんとボルドーです。そう、今シーズン赤系が気になっておりました。

真っ赤もいいけどトーン抑えめのニュアンスレッドも素敵ですよ。

モノトーンをうまく取り入れて、コーディネートしてください。

なんだかカッコ良い感じ。ソックスで遊んでもよかったかな?

普段の妻では考えられない色合わせですが、意外にもハマっている。

今シーズン、色もスタイリングイメージも「かっこいい」を

少し意識して進めています。皆様も気になるイメージがありましたら、

今までの中に少しだけ意識して取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore