annabelle

前衛的で普遍的

今、ちょっと変わったものに飢えていませんか?

僕は飢えています。

今まで着たことないものを着たいのだけど、なかなかない。

洋服好きの血が騒ぐ時期なのでしょうか。

洋服が好きになった10代の頃、とにかく人と被らない、

でも良いんじゃない?みたいな着地点を探して色々なものを

着ていました。今この年齢になってまたそんな気を起こしている

自分をつくづく洋服好きなんだと確信したところです。

今日は僕が女性だったら間違いなく手を出しているであろう

スカートをご紹介したいと思います。

FACTORY
パイピングスカート
硫化ブラウン ¥25,300(税込)

その名の通り、ハギが表に出て、全てパイピング始末になっています。

ウェーブ感とボリューム感がとてもいい。

一見、同素材で同色に見えますが、実は綾織の生地と平織の生地が

交互に接いであって、その上からオーバーダイをしているため、染色の

濃いところと薄いところが交互に現れます。

濃いところが綾織。

薄いところが平織。

ポケットはサイドに2つ。

難点?というほどではないかもしれませんが、ウェストはゴムだけ。

紐がついていませんので、不安に感じてしまう人もいるのかもしれません。

ゴムは緩くもなく、きつくもなく、ちょうどいいと思います。

硫化グレー

こちらの色の方が濃淡がはっきりわかるかもしれません。

こういうスカートは、好き嫌いがはっきりするし、

穿く人はずっと穿くでしょう。

シルエットはややバルーンな仕上がりです。

コットンですので3シーズンで長く穿いていただけますし、

冬にはブーツがとても似合うスカートではないでしょうか。

秋口や春先はこんな風にシャツを一枚で。

素足にパンプスを合わせたら春っぽく。

タイツやハイソックスを合わせたら秋らしい。

ボリュームはありますが、ギャザースカートのボリュームと

同じくらいと考えて良い程度です。ただ、ギャザースカートほど

均一性のある表情ではなく、ウェーブがかった表情が面白い。

今の季節はもうセーターに合わせてちょうどいい。

足元をブーツにすれば、薄手で明るいセーターも冬景色です。

気温に応じてショールを使ったり。

コニャックブラウンのような、柿渋染のような絶妙な硫化ブラウンは、

シンプルで締まりのあるモノトーンや思い切った同系色がおすすめ。

現在発売中のナチュリラには、同系色でスタイリングしていますので、

こちらはコントラストをつけてブラックに。

足元は最近新入荷をした、R.U.のサイドゴアブーツ、「jeanne(ジャンヌ)」。

スカートとの相性は抜群です。

硫化染色は、最初から少し味わい深い風合いが特徴的な染色方法ですが、

これを穿いて穿いて穿きまくって、色褪せてきた頃、すごくかっこいいのでは

ないでしょうか。10年経っても、、「どこのブランドのスカートですか?」

なんて聞かれそうなスカートです。

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore