annabelle

毛玉のはなし

最近セーターの接客をすることが増えてきた。

かなりの頻度で同じ内容の質問を受ける。

「毛玉はできますか?」

「できます。」

どんな高級なカシミアでも毛玉はできる。

毛である以上・・・。

つい先日接客したお客様が感じのいいセーターを着ていた。

濃いキャメルのニットで、ペタっとしている。

これは、これは・・・・。

その時は特に触れなかったが、いいなと思った。

若いころ、インポートショップの人にこう教わった。

毛玉ができたらほっとくこと。

気にしないこと。

抜かないこと。

気にせずひたすら着続けると毛玉は勝手に落ちていく。

そうなった時が、セーターの完成形だと。

このセーターがそうなったら、さぞかっこいいだろうなと思う。

スコットランドの「Nor Eastery」(ノアイースタリー)。

ホールガーメントで、体にぴったりフィットする。

T-SH感覚で着てほしい。

そして毛玉は、温かく見守ってください。

どこが毛玉なのかわけがわからなくなったら

そのセーターの完成形です。

どこか懐かしい雪柄のセーター。

このセーターの完成形が見てみたい。

<シェットランド雪柄セーター>
Nor Eastery ¥14,700

MADE IN SCOTTLAND

Other blog

  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore
  • 2024.06.25ナイスバランスmore