annabelle

洋服1着の可能性

先週のこと。
妻が僕の着ているジャケットを見て、「そんなの持ってたっけ?」攻撃を始めました。昨年の春夏のSUSURIのジャケットを着ていたのですが、この寒い時期にカシミアのタートルに合わせて着ていたのが新鮮で、きっと初めて見たような錯覚に陥ったのだと思います。綾織のリネンシャンブレーのジャケットで、一般的に着用するのは4月、5月、6月あたりですが、綾織ですし、その日の色合いにぴったりで、この真冬に春物を1枚挟むと洋服屋らしくていいかもって思って着ていました。今日は真冬にぴったりのあったかパンツを春っぽくご紹介したいと思います。

FIRMUM コマサーモテーパーパンツ ¥35,200(税込)

ここ数年、ブランドの定番となっている素材のあったかパンツ。ライニングや冬コートの裏地としても使用しているキルティング素材ですが、都内近郊もようやく寒くなってきた今頃からぜひ着ていただきたいパンツです。それもちょっと春っぽく。

ウェストは他の同ブランドのパンツと同じようにゴムと紐です。

サイドポケットがあります。

キルティング素材の一重で、裏はパイピング始末です。

こんな曲線だらけのキルティング

カラーはグレージュとブラックの2色展開でのご紹介です。

まずはグレージュのご紹介から。

ブーツを履いて同系色の温かいセーターを着て、、。なんの工夫もない真冬のスタイリングですが、これはこれで素敵です。

気温が一桁まで下がると、こんなパンツも穿きたくなりますよね。

街では温かいセーターにゴーシュのウールキャメルなどのコートを着て、ストールを巻いたら真冬でも十分。

ここで春アイテムをプラス。昨年のGASAのエプロンです。温かさは増しながらも、ブーツをやめてパンプスにして柄のスックスを覗かせて。

エプロンだから後はこんな具合です。お好みで少しずらしてアシンメトリーでもお楽しみ下さい。

上から同じくFIRMUMのコットンサージコートを合わせます。こちらは冬物のコットンコートですので春物と比較するとだいぶしっかりした素材で、インナーを調整することでかなり長く活躍するコートです。今回はセーターの上に春のエプロンを絡めて着ていますので、3月上旬など季節の変わり目に気温を感じながら着用するようなイメージです。真冬に着たい場合には、ミドルゲージのニットに温かい羽織カーディガンやそれに相当する中間衣料を上手に使って着ていただければ良いと思います。

全部覆い隠して上質なモヘアやカシミアなどを巻いていただければ、真冬でも。

ブラックを春っぽく。

チュニックブラウスは、この秋冬の立ち上がりにご紹介したquitan(キタン)のカディーコットンの刺繍入りブラウスです。こちらはシーズンレスですので、このまま着続けて真夏前まで好きなだけ着てください。合わせ方で冬にも春にもなってくれる。ちなみに、袖からチラッと見えているグレーは、freemanBのカシミアをインナー使いしています。嵩張らないし温かい。幸せな気分で真冬のレイヤーを楽しめるのはこれのおかげかもしれません。

ベストは同じく秋の立ち上がりにご紹介したGASAのもの。色合いが春らしいスタイリングですが、着用しているものは全て秋冬もの。ストールやバッグなどの小物も淡い色で統一して、先の季節を感じさせたいスタイリングです。

せっかくだからコートも明るくいきましょう。ASEEDONCLOUDのウールブランケット素材のコートです。明るい中にブラックのキルティングって、、コントラスト強めでおしゃれな感じ。

もちろん、まだまだ冬物全開で冬らしくも着てください。1枚でも温かいARTEPOVERAのボアトレーナーに合わせて、この上からコートを着ていただければ今ぴったりなスタイリングです。

季節の変わり目を意識した際に思うのは、やっぱり季節を強く感じすぎないアイテムが大活躍するということ。カディーのロングチュニックや生成りとパープルの明るめの色合いのベストは、一見「秋冬に?」と思うかもしれませんが、こういうものほど端境期に活躍します。インナーにカシミアを着たり、上から着るベストがフリースだったりすれば冬でも十分着られますし、秋や春は言うまでもない。

FIRMUMのコットンコートも同じくです。「ちょっと冬には頼りない」と思われがちですが、着用期間は明らかにダウンより多いでしょう。絶対的な温かさではダウンや毛皮に勝てるはずもありませんが、「おしゃれ」を楽しむという観点ではコットンコートも持っていると頼りになる。逆にダウンは「寒くなったら着よう」と思う人が大半かと思いますが、まだそう寒くない時期に夏物に混ぜてダウンのボレロとか、ベストとか、、コントラストを効かせて着たらかっこいい。このキルティングパンツも、いろんな感性を持って、可能性を広げてお楽しみください。洋服1着の可能性は、それ以外のワードローブによって広がるから面白い。

 

Other blog

  • 2024.02.16春夏もすごいんです。more
  • 2024.02.13君の名はmore
  • 2024.02.10式典-shikiten-indigo overdye j…more
  • 2024.02.09端境期の贅沢more
  • 2024.02.08式典-shikiten-森のオクリモノmore
  • 2024.02.06式典-shikiten-⑩more