annabelle

デニムを見直してみませんか。

HAVERSACKといえば、メンズをメインにしたラグジュアリーな空気を持ったトラディショナルブランドというイメージです。実際、僕がメーカー勤務時代にフランスやイタリアのメンズの有名店に行くと、誰もが知っているビッグブランドの並びに、しっかりコーナーを持っていました。メンズで培ったキャリアとその個性をレディースにストレートに反映させているところがHAVERSACKのレディース服の魅力でしょう。今日は少し爽やかさも感じさせるパンツのご紹介です。

HAVERSACK ステッチバギーデニム ¥25300(税込)

HAVERSACKを昔から知っていると、「らしい」と感じていただけるパンツなのだと思います。ワークやミリタリーというのはものすごく強く上手にかっこよく取り入れている印象ですが、昔から見ている一ファンとして、もう一つ強く感じさせる要素として、「マリン」があります。どんなに流行らない時代にもボーダーを作り続けているし、スキッパーや開襟なんかもマリンぽくデザインしたものを多く見かけます。このパンツもその一員のような感じ。

軽いデニムにステッチの配色がいい。ロープのような雰囲気の紐にハトメもまたマリンぽい。

そんなパンツに似合う軽いドーナツボタン。

裾にも紐がついて、自由に絞ることができるパンツです。この雰囲気でデニムですから、穿きこみたくなりますよね。色落ちが進んで柔らかくなって、少しくたびれた感じが出るくらいの方がかっこいいと思っています。ぜひガンガン穿いて欲しい。

ヒップポケットも大きめです。

爽やかさもあるのでカノコの上品なTシャツが似合います。

爽やかさの中にあえてのエスニック。僕はつい逆張りをしたくなる。逆張りっていうとなんだか金融業界みたいですが、順当に爽やかにまとめない。昔のファッション誌ですと、「外し」という言葉をよく使っていました。普通はこうするけど、あえてこうしよう、、みたいなこと。

じゃあ、その普通はこうするの普通はなんだっていうことになりますが、その普通ももちろん頭にあります。僕の中にあった普通は、パーカーを着て、小さめのスカーフやチーフ、もしくはストライプなどの爽やかで小ぶりなストール。バッグはハンプのトートバッグ。それが想定した普通でした。もちろん普通が悪いわけではなく、一つのお洋服にスタイリングの幅を持たせるには、想像しやすいスタイリングの逆を考えると面白いということです。だから、着丈は長めの羽織。小物はエスニックです。

たぶん、とってもHAVERSACKらしいスタイリング。このくらいのカジュアルさが大人っぽくて気に入っているブランドです。裾も絞ると雰囲気が変わりますね。この上に合わせる普通はなんだろう?言い方を変えると、合わせやすいものはなんだろう?ということかもしれません。色はベージュとか。デザインはステンカラーやショールカラーの羽織コート。鮮やかな色も似合いそうですよね。

想像しやすいものは、言葉でフォローして、現在マイブーム中のデニムonデニム。もうちょっと小物で遊びたかったと反省したスタイリング。帽子も欲しいし巻物もあっていい。ブローチもつけたら素敵です。アナベルにはないけどミュールもかっこいい。強い印象のスタイリングは足し算、かけ算した方が落ち着くことが多いのも事実ですから。

HAVERSACKのドメスティック離れした洋服を存分にお楽しみ下さい。

 

 

Other blog

  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore
  • 2024.06.25ナイスバランスmore