annabelle

大好きな生地のコート

昨日は娘の卒業式でしたが、信じられないくらい寒かった。。

わかっていたけど、寒かった。

NO CONTROL AIRのメンズセットアップにスプリングコートで

出かけましたが、寒かった。稀な1日に当たってしまいました。

3月の卒業シーズンは、本来もう少し温かいはずです。

コートを着て行ったのも幼稚園から子供二人分合わせて初めてでした。

春や秋は気温の変化が大きいものですが、わかっているけど

着るものに悩みますよね。間に何を着るかはその時々の気分ですが、

絶対に欠かせないのは一重、裏付きを含めたスプリングコート。

わたくしは最近ジャケットの気分ですので、ジャケットと

一重のコートという組み合わせばかり。

今日は、一重のコートをまずは一つご紹介します。

H.T.S(エイチティーエス)
バルマカーンコート ¥42,900(税込)

H.T.Sは以前も秋冬のコートでご紹介したことがありますが、

Harrrow Town Storesの頭文字をとったブランド名で、

そもそもはイギリスの名門高校や学校教職員が着る制服を

生産していたファクトリーで、今もその一部分をイギリス生産で

賄っている、数少ないファクトリーの一つです。

今回惹かれたのは、クラシカルなビッグシルエットはもちろんのこと、

この生地に大きく惹かれました。張りのあるしっかりとした感触と、

上質なしなやかさを感じる素材は、イタリアの生地メーカー、

OLMETEX(オルメテックス社)のもの。僕の大好きな生地メーカーで、

誰もが知るビッグメゾンのコートやスウィングトップの生地も

このファブリックメーカーが供給していることで有名です。

大きなパッチ&フラップのポケットは比翼仕立て。

本当にクラシックで好印象です。

前立てもクラシックな比翼仕立て。

バルマカーンコートというと馴染みのない名称ですが、

ステンカラーコートと同じです。

ステンカラーコートが和製名で、バルマカーンコートが世界で

通じる名称かと思います。

馴染みのあるステンカラーを商品名に使わなかったあたりに、

なんとなくデザイナーの気分を感じますね。

バックスタイル

後ろは気分で絞ったり絞らなかったりすることができます。

こんな具合に、絞れるのは背面のみ。

絞っても前側はそのままです。

袖口はシンプルなタブのデザイン。

軽く絞れますが、そもそも袖丈の長めなデザインですので、

袖を捲って着る方がおすすめです。

身長155cmの妻が腕が短いことを考慮しても

やや長めのデザインです。

遠目に見てこんな感じです。

ちょっと長めですよね。

背面は絞らなければこのように。

絞ると少しすっきりします。

前を開けて、袖を捲って軽やかに。

色はブルーとブラックの2色展開です。

ゴーシュのワイドパンツに合わせて、ブラックをモノトーンに。

シンプルな洋服ほど、素材がとても大切だと感じます。

デザインによっては素材が着心地を左右することもある。

とってもシンプルで、「なんでこの値段がするの?」って感じたら、

そのほとんどが生地が高いからだと思って間違いありません。

ぜひ長く着て、腰のある良い素材を体感してみてください。

良い生地は、長く着れば着るほど差が出ますから。

小柄な方は袖を捲って。

背が高い方はそのままでも。

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more