annabelle

さりげなさ

日本の春。

老若男女問わず、みんなが空を見上げてピンクを愛でる季節。

咲き初めから散り際まで、どこもかしこも見どころばかり。

じっくりみるのもいいのかもしれませんが、通勤途中に

ふと見上げて目にうつる桜は、意外に心に残るかも。

GASAが桜を咲かせました。

GASA ”動き出す時間”
桜ブラウス
¥38,500(税込)

夜桜かしら?

カーキにすみ黒。そして、ところどころかすれて

素敵なピンクの花。

日本人なら誰もが春を思う絵柄でしょう。

プルオーバーでボタンは包みのスナップボタンです。

シルエットはそこにないはずのギャザーが見えてきそうな

裾ひろがりな可愛らしさも覚える素敵なシルエット。

ネックポイントは別布で切り替えて、、、

ボタンはさり気なく桜モチーフ。

背面はたっぷりのギャザーが可愛らしい。

一見可愛らしすぎる!なんて思われがちなGASAの洋服は、

その多くが実におしゃれな大人服です。

カーブのついた立体的な袖に身頃。

着た時に確実に素敵なその姿は、全てがデザイナーの思考から

生まれた価値なのです。それは原価にはのらない、贅沢な価値なのです。

よく見ると所々かすれた絵柄になっていて、だからこそ

味わい深い柄物として成立しているのでしょう。

手な染という日本の染色技術で裏に滲み出るような染色プリント

技術です。ヨーロッパではハンドシルクスクリーンと言われるものに

限りなく近い。最も有名なものは、エルメスのスカーフ柄かもしれませんね。

あれは16版前後にもなる壮大なハンドシルクスクリーンですので、

スカーフ一枚があのお値段になるのでしょう。

もちろんブランド価値もありますが。

そんな目でこのプリントを見ていくと、花びらの際が滲んでいて

細かな描写に版数を用いています。GASAのプリントでは当たり前の

ように用いられますが、とても価値のあるデザインです。

素敵なサルエルパンツにタックイン。

タックインしてみて初めて気が付く和の要素を感じさせる

フロントのデザイン。

和の雰囲気を感じながら見ていくと、同素材で展開している

この袴のようなキュロットパンツもより一層素敵に見える。

GASA ”動き出す時間”
桜キュロット ¥46,200(税込)

キュロットとは言ったものの、タックを駆使した

ワイドパンツといった印象が強いデザインです。

背の高い人が袴キュロットのように履いてもかっこいいし、

小柄な人が極太ワイドパンツのような感覚で履いてもいい。

タックとギャザーの共演です。

背面はウェストギャザーでふんわりと。

背面だけウェストにゴムがあり、こちらはシャーリングと

ギャザーの共演です。

裏地付きで透けも気にならない。

もちろん厚すぎるということもない。

意外に思われるかもしれませんが、僕は個人的にゴーシュと

GASAを組み合わせたスタイリングをすることが多い。

ブランドのの印象は違うものなのですが、相性は良いと思うのです。

共通点は、「さりげなさ」でしょうか。

桜の季節にさりげないおしゃれを。

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more