annabelle

freeman B(フリーマン)

先日、「暮らしとおしゃれの編集室」でご紹介した「freeman B(フリーマン)」の

カシミアセーターは、まだご紹介前にもかかわらずかなりの反響を呼んでいます。

店頭でご試着希望のお客様は、スタッフまでお声がけください。

ブランドの詳細は、「暮らしとおしゃれの編集室」の連載をご覧いただくとして、

本日はそちらにはご紹介していなかったアイテムをご紹介したいと思います。

freeman B(フリーマン)
サーマルニットワイドセーター
オフホワイト ¥35,200(税込)

ワイドとは言っても、多少ドロップショルダー気味なデザインで、

少しルーズ感のある程度だと思っていただければ良いと思います。

ものすごくソフトなサーマル編みで、品のあるリラクジングウェアと

いった印象もある一品です。ブランド織ネームは、製品と同じ糸で

織り上げただけに、こちらも肌触りの良いものになっています。

ポリエステルの織ネームは購入後に切ってしまう人も見受ける中、

こちらはその必要はありません。

裾、袖口はリブ編みです。

裾は前後差のあるスリットデザインで、着用してもこのおかげで

スッキリとした大人っぽさを感じます。

お色は、オフホワイトとキナリの2色展開です。

キナリは、ライトベージュと言った方が良いのかな?

という印象のお色です。

ルーズというほどルーズでもない、とっても取り入れやすい

カジュアルなサイズ感覚の上質なカシミアセーターです。

りの裾ですが、ブラウジングのないスッキリとした裾上がりと

前後差のあるスリットがポイントのセーターは、ボトムスを

問わず合わせやすい印象でした。

カシミアの上にシルクのキルティングを重ねて。

チラ見えのブロックチェックが何だか新鮮です。

こちらがオフホワイト。

シンプルにデニムに合わせ、カバンでポイントを作るスタイリングに。

デザインも素敵ですが、暮らしとおしゃれの編集室でも書いた通り、

カシミア全体のわずかしか取れないトップカシミアを丁寧に使用して

製作しているだけあって、そのヌクヌクとした起毛感と保湿力は

相当なもの。ぜひ素肌に着て、贅沢な気分でお洋服を楽しんでいただきたい。

そしてもう一つがこちらです。

freeman B(フリーマン)
ライトリブセーター ¥28600(税込)

ネーミングの通り、やや薄手のリブ編みのセーターはピタピタしすぎず

ゆる過ぎず。着丈も少しだけ長めな大人バランスな印象のニットデザインです。

ネックはボトルネックで、インナーボトルネックセーターに

近い雰囲気の素敵なネックです。

こちらもスリット&前後差があって、スカートに合わせたときには

メリットを大きく感じるのかもしれませんね。

色はキナリ、ライトグレー、ブラックの3色展開です。

どれもシンプルで扱いやすい3色です。

キナリは赤のブロックチェックに合わせて。優しい色合いで。

こちらは全体に明るく元気で爽やかな色合いなので、

小物は黒を集めて引き締め効果を。

羽織にはFACTORYのヤクのロングカーディガンを。

カシミア× ヤクという何とも贅沢な組み合わせ。

長年販売してきたこちらのヤクのカーディガンをもとに、

今年はアナベルの特注でショート丈をオーダーしています。

入荷はまだですが、もいうすぐのはず。

そちらも楽しみです。

ロングが良い方はお早めにどうぞ。

ブラックのリブ編みはとてもスッキリな印象です。

それを生かすべく、細身デニムにヒールを合わせました。

少しだけロールアップをして、ソックスの赤い柄物でアクセントを。

こちらも贅沢なカシミア × ヤクの組み合わせで。

ボトムスが細身でヒールを合わせるとまた全然違った印象に。

最後はライトグレー。

こちらは毎秋冬の定番となってきたkhadi & coの

キルティングスターパンツに合わせて。

大人っぽいワイドパンツにシンプルな着こなしで。

上にはコートをすぐに着ても良いし、ジャケットを合わせてもかっこいい。

メンズライクなスタイリングにしたい時は、ウールの入ったジャケットスタイルは

とてもおすすめで新鮮です。カーディガンとはまた違った感じ。

そんなスタイルも似合うカシミアセーターです。

インナーセーターも、暮らしとおしゃれには間に合わなかった

スタイリング写真が通信販売画面でたくさん追加されています。

そちらもぜひ、ご覧ください。

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore