annabelle

どっちがどっち?

双子が初めてクラスメートに現れた時、とっても楽しかったことを覚えています。同時に現れると違いがわかるのですが、問題は別々に現れた時。あれ?どっちだっけ?って慣れるまではなりましたよ。今回は双子みたいなワンピースを同時にご紹介することになりました。

NO CONTROL AIR ドレープカルゼスクエアネックワンピース ¥35,200(税込)

素材はカルゼですので、目がはっきりとピッチのある綾織素材です。その見た目の品の良さから、女性用のコートなどに使われることが多い印象ですが、今回は夏場のワンピース用にポリエステルでさらりと、そしてふっくらとした表情とタッチの素材です。ドレープ感がうまく出ることが特徴の生地だそうで、確かに綺麗です。

こちらの特徴はアームホールがきっちりとして透け感もないので、汗とりのコットンキャミソールなどを一緒に着てしまえば、真夏に一枚で過ごせるワンピースであること。そして生地が上品でシワにならない事から、真夏の式典などにもお使いいただけるワンピースです。

脇にはタックが入り、綺麗なドレープを生み出すのですが、そのドレープに隠れるようにポケットがございます。

外からはポケットがあることがわからない点もドレスとしては良いですね。

生地は目のはっきりとした綾織のカルゼ素材です。デザイナーの米永さんは以前からよくカルゼを使う印象なので、きっと好きなんだろうなと思って見ています。

背面にコンシールファスナー。

NO CONTROL AIR COOLMAXスクエアネックワンピース ¥32,450(税込)

こうやって同時に出てくると、「どこが違うの?」って一生懸命違いを探しますからまだわかりやすい。これが別々に出てきたら、ちょっとパニックですよね。さて違いは何かと申しますと、まずは素材です。こちらはもう夏場にお馴染みのクールマックス素材です。ポリエステル糸がCOOLMAXでそこにリネンが20%程度入ることで、天然素材との見分けが難しい表情を生み出しています。しかし着用感はCOOLMAX。吸湿速乾性に優れた素材は、擦った汗をすぐに乾かし、日本の夏でもドライでサラッとした感触を保ちます。僕は昔購入したパンツを所持していますが本当にどうしようもなく暑い夏の日には本当に重宝しています。

デザイン的に違うのはアームホールと肩、そしてバストなどのバランスでしょうか。中でもアームホールは全く異なります。こちらはジャンパースカートのように大きなホールですので、インナーにTシャツを合わせて着ることもできるワンピースです。もちろん、脇を隠せるようなキャミソールを着ていただければ、ノースリーブでもしっかり活躍しますし、透け感もありません。

タックやポケットのデザインはおおかた同じですが、バストや着丈のバランスが少々異なります。その辺りは通信販売ページで詳しくご覧ください。

COOLMAXは、例年と同じ3色展開で、グレーだけトップのような表情となります。見て、少し触った感触はいわゆるサマーウールやトロピカルウールと呼ばれる天然素材との見分けが難しいくらい。とても高機能素材には見えません。

これはどっちでしょう?

どっちでしょう。。

どっちだろう?ちなみにサイズは36、38の2サイズ展開で、妻の好みは38の長い方みたいです。確かに夏の綺麗めワンピとして他のものと差別化して着るのに長い方が良いかもしれません。かっこいい。

ネイビー。さてどっちでしょうか。

ブラックも長い方で。

こちらは短い方。素材はどっちでしょう?

グレーの38サイズをTシャツで合わせて。

ブラックはリゾート着のような感覚で。

ネイビーもかっこいいパナマを合わせてリゾートぽく。

さて、、素材はどっちがどっち?答えは通信販売ページで。

「とにかく涼しい方がいい!」という方には「COOLMAX」がおすすめで、「結婚式など、夏場の式典用ワンピースを兼ねるものを!」という方は断然カルゼがおすすめです。印象はCOOLMAXの方がカジュアルでカルゼは綺麗めです。お悩みの際はそんなことも頭に入れながら、ぜひ通販ページでゆっくりとご覧ください。

 

 

 

 

Other blog

  • 2024.07.19夏の浴衣のようにmore
  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore