annabelle

出来ればそんな心持ちで。

先日開催した「高城染工-blue in green」での染め直し企画では、本当にたくさんの染め直しをお持ちいただき、高城染工さんも少し驚いておりました。さまざまなお持ち込み商品の中には、10年前にannabelleで販売していた商品などもあり、実はそんな懐かしい商品を見るのも楽しみの一つでした。今日は10年ほど前のannabelleのスタイルを思い起こすようなシンプルな夏のワンツーコーデをご紹介したいと思います。

pants:TRAVAIL MANUEL リネンスラントリボンパンツ ¥15,400(税込)
Tシャツ:Fabrique オーバーサイズTee ¥8,250(税込)

今回の染め直し企画でお客様が持ち込んだたくさんのお洋服を見ていて、10年前とはトップスのサイズ感は違うものの、当時から少しゆったりしたこんなボトムスにTシャツを合わせるスタイリングを提案していたことを改めて思い起こしました。きっとこれからも廃れることなく着たり着なかったりしながらも永遠に自分の中に残っていくシンプルで大好きなスタイリングなんだと思います。

ブラックにサーモンピンクのような素敵な色の組み合わせ。パンツは残念ながらSサイズが完売で、メーカーでの再生産も予定にないそうです。今回はMサイズのみの販売となります。

タックインを選択肢の中に入れるようになったのは、近年になってからのような気がします。最近はまた、ぴったりめのトップスも気になっていたりしますので、わずかな変化を楽しみたいところです。

ピスタチオのような淡いオリーブグリーンのリネンパンツにゴーシュの心地よいTシャツのようなデザインの上質なコットンブラウスをシンプルに合わせたスタイリング。Tシャツでなくブラウスになると、カジュアルさが程よく抜けてシャキッとするのは気のせいではありません。見た目が似ていても少し分けて考えるとより楽しいと思います。

これは10年前にはなかったスタイリングです。パンツはNO CONTROL AIRの化繊のパンツなのですが、僕の中では化繊を中心としたこのブランドをどうやって紹介していくか?自分ではかっこいいと感じているが、皆さんは受け入れてくれるか?かなり悩みながらトライしたブランドだっただけに、パッと見は先ほどからのワンツーコーデと違いがないように感じられますが、僕の中ではNO CONTROL AIRがスタイリングに加わったことが12年間の営業の中で最も大きな変化だったように感じます。それは写真では同じように感じるワンツーコーデも実際にされてみるとわかりますが、化繊の少しキラキラした、またはとろみのあるような素材のパンツにいつものTシャツを合わせているだけで、そのTシャツすら別物に感じるほど、スタイリング全体の印象が変わるから。

嬉しいことにannabelleのお客様は少し戸惑いながらもすぐにその良さを感じてくださり、今では絶対に欠かせないブランドとなっています。一見マッチしなさそうな天然素材のアイテムと合わせてハマった時の素敵さが素晴らしく、スタイリングが何倍も楽しくなるのです。化繊にも天然素材にもお互いに長所や短所があるので、そこを理解した上で楽しめば、お互いが最高のパートナーでいられるのです。

Fabrique オーバーサイズTee ¥8,250(税込)

TRAVAIL MANUEL リネンスラントパンツ ¥15,400(税込)

この2つのスタイリング撮影をやりながら、先日の企画展でのことを思い出しつつ、頭の中で少しの変化と見た目以上の大々的な変化を思い起こしておりました。スタイリングには様々な要素を同時に考える面白さがあります。しかも洋服の場合、自由です。とりわけ、「セオリーから外れているにもかかわらずなぜか素敵」というスタイリングが出来た時、とっても心地いいものです。ワンツーコーデの季節になると、ワンパターンでつまらなく感じがちですが、「色合わせ」「素材合わせ」「シルエット」「ボリュームバランス」様々な視点から、ちょっと今までやってなかったな、、と思う組み合わせを探す良い機会です。ぜひ、そんな心持ちでワンツーコーデをお楽しみください。

 

Other blog

  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore
  • 2024.06.25ナイスバランスmore