annabelle

シャリシャリカーデ

男性はあまり「羽織」という言い方はしませんが、今の時期何着てる?というとやっぱりジャケットとかブルゾンみたいな「シャツの上から着られる何か」を着ています。僕は夏も長袖が多いので、Tシャツを着て何か着たいなと思うと、メンズには夏のそんなアイテムがなくて困ります。今はもうメンズもレディースもお構いなしで洋服を着るので、今年はこれを着ようかと思っています。

FACTORY フレンチリネンショールカラーカーディガン
¥19,800(税込)

秋冬に別注したショートタイプのショールカラーカーディガンを夏用に別注してしまいました。夏も首がちょっと隠れた方がいいって思う人もいらっしゃると思うのですが、そういうのもなかったし、冬に着て頂いている方にとっては、安心して取り入れていただけるサイジングだと思ったので。素材が違うだけで全然印象も変わりますし、新鮮です。

ネック周りをしっかり覆い隠してくれるショールカラーです。

深い打ち合わせで、着た時のボリューム感が出てくれます。ピンとかブローチなんかもお楽しみください。

意外に気に入っているポイントは、伸縮性のないリブ袖口。ここに伸縮性があっても着ているうちに結構伸びちゃうんですよね。なので最初から伸びない、しかし手は通る。そんなサイズ感で作ることで、ダレた袖口にならなくて済むのではないでしょうか。

個人的に展示会でも今も一番のお気に入りカラーはこれ。オレンジメランジェ。霜降りなのですが、オレンジの糸自体も薄いところと濃いところが入り混じり、さらにそこにカーキグリーンがチラチラと入る素敵なオレンジです。とてもおしゃれな色ですよ。

これもいい。ブラックメランジェ。いわゆる「ブラシャン」と呼ばれるビンテージ好きな人が好きな色。ブラックは強さがあって引き締まるのがいいところでもありますが、夏は重たさを感じたりもする。でもこれは軽やかに着られるブラックです。

さてさて、暑がりの妻に着てもらいます。

まずは爽やかなライトベージュから。先日ご紹介したSUSURIさんの素敵なパンツに合わせて。全体に薄いトーンでまとめた爽やかなスタイリング。

この色はほのかに透け感がございますが、重ねるアイテムを気にするような透け感ではありません。素材はフレンチリネンで腰のある仕上がりですので、シャリシャリとして非常にドライタッチ。清涼感があって真夏も着ていただける羽織です。

遠目に見ると、なんとなく半袖のラインがわかるかな。写真だとわかりやすいですが、実際にみていると気になりませんでした。濃色だと気になるのかな。

そしてこちらがお気に入りのオレンジメランジェ。これに限らず、今シーズンこんなオレンジやダークレッド、赤茶っぽい色がとても気になりました。しっかり差し色になるし、暗くないし、合わせやすい。

袖捲りはこんな具合にして頂いて、伸びないのでダレることもないですし、長く着て少し広がってきても小まめにお洗濯をして頂いていたら、この感じを保つはずです。

今回はブラックとデニムでまとめましたが、ナチュリラの雑誌でご紹介したような明るい色や白や生成りなんかとも抜群に相性がいいですよ。

着丈もスッキリとした合わせやすい長さです。

オレンジ大好きと言いながら、撮影で一番使っていたのがこれでした。ブラックメランジェ。

たまたまだと思いますが、でもしかし、確かに使いやすいことは確かです。

ただでさえ使いやすいブラックの欠点がなくなったと思うと、それも当然なのかもしれません。

ブラック×ブラックでも重くない。素材感もあって清涼感もしっかり伝わってきます。

小物で色を楽しみやすいスタイリングです。バッグ、インナーを初め帽子なんかを足してもかっこいい。

ワンピースにも使っておりました。

こちらもモノトーンにカラフルな巾着バッグを。

アナベルの夏の羽織は、昨日のHonneteとこれです。シャリシャリカーデ。

 

Other blog

  • 2024.07.19夏の浴衣のようにmore
  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore