annabelle

春の陽気に合わせて

「味がある」っていう表現は、ファッション分野の至るところで聞かれます。とりわけレザー商品の経年変化に対してよく使う表現かと思いますが、今回ご紹介する商品は、布地の経年変化と味わいのあるローブです。インスタでは少し写真を先に載せていますが、ぜひ好きな人にひたすら着てもらいたいローブです。

muni カディーコットンローブ ¥40,700(税込)

今からの季節にちょうどいいローブコートは、インドの手仕事がひかるmuniさんのもの。細かいディテールも面白いのですが、何といっても着た時の全体の雰囲気が素敵です。そして何より生地が気持ちいい。

ウェスト位置より低い箇所にベルトループがあり、素敵なタッセル付きの紐が付属します。

背面はこのようにループを通して着て下さい。垂らしたり、結いたり、ポケットに入れたり。スタイリングに応じてご自由にどうぞ。

フロントは分量のあるショールカラーでトップ部分にボタンが一つだけございます。だいぶ重なり合うダブルの位置にあるのがポイントで、スタイリングが楽しい、いい位置につけてあるように思いました。

こんな具合にループを引っ掛けるタイプのデザインです。

素材はインドの本格的な手紬手織りの生地ですので、所々につなぎ目のネップやスラブによる不均一さが目立つまさに味わいのある表情です。茶綿の混入などもありますし、織傷?と思ってしまうほどのボコッとしたつなぎ目もあったりしますが、それはこのカディーの特徴でもありますので、ご了承ください。

袖口も僕好みです。身返しにはややしっかりとした本体よりも地厚な生地があしらわれています。とてもかっこいい。

サイドポケットは補強も付いたワークコートのようなしっかりとした仕様です。身頃の分量感やステッチの同色もあって、いい具合に気配を消してくれていますが、実はこんなポケットが付いています。

色はこちらの3色展開です。バニラホワイトは染色も脱色もしていないサラの状態ですので大きな経年変化はありませんが、一番上のグレー系は、インドの染色ではよくありますが、変色がすごい。かっこいいのですが、よく見ていただいて、変色具合も込みで好きな方に着てもらいたいと思い、長期的にスタッフが着ている同じ色を今回撮影いたしました。

こちらが新品のグレー。

これが1年半ほど着ている同色の商品です。全く別な色ですよね。この色が良いって言われることもあるみたいですが。。

色褪せ具合は所々で違います。濃いところや褪せたところ。

背面です。

汗などが取れていないところは赤く変色したり。

ネイビーは経年見本がないのですが、濃色ですので色褪せてくる感じは同じだと思います。

ループの付いた位置に合わせてタッセルを垂らしてみました。結構下に付いていますね。

ワンピースの上で軽く羽織る感じで。

ウェストラインに合わせてキュッと結いて。

一番上のボタンを留めて。留めるとかっこいい雰囲気に。

春も秋も羽織として活躍する生地感です。軽いコート代わりにぜひ。

先日ご紹介したゴーシュのジャンパースカートの上から。

こちらが変色がすごいグレー。

スリットが大きく、途中に一つボタンがあって留めることもできます。

タッセルを後ろで結いて。

こうするとロングカーディガンみたいな感じです。

ワンピースの上から。

上まで留めるとやっぱりかっこいい。

タッセルをポケットにしまってすっきりと。薄手のコートみたいな感覚で。

 

色々な表情を見せるローブガウンを春の陽気に合わせてお楽しみ下さい。

 

 

Other blog

  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore
  • 2024.06.25ナイスバランスmore