annabelle

ジャンパースカート

今年はジャンパースカートを多く見かけますね。サスペンダー、サロペット、ジャンパースカート、どれも同じような括りなのでしょう。ゴーシュの定番的なジャンパースカートは、もう何年かみていますが、なぜだかまた違った風に見えるから不思議です。やっぱりファッションは時代の中に生きているんですね。

ゴーシュ インレイジャンパースカート ¥27,500

着ると素敵なゴーシュらしいジャンパースカートは年間着やすいカットソー素材です。

深いVネックはインナーとの合わせも楽しめるデザインで、後ろの小さなVは女性らしさを際立たせます。

サイドポケットです。

ベージュは白や生成りとの相性も抜群で、ブラックと合わせてもかっこいい。今月発売のナチュリラでもこちらの色をご紹介しています。

ネイビーは深いながらもしっかりと青みを感じさせる落ち着いたネイビーです。

ブラックはかっこいいに決まっます。ゴーシュといえばの雰囲気を抜群に感じるワンピースです。

置くと真っ直ぐに見えるのですが、着ると体に沿って素敵な抑揚を感じさせます。

そのままでも透けはありませんが、今回は今シーズンおすすめのインナーにも使いやすいYUIさんのレイヤーパンツを履いています。軽くて涼しいし、ロングシャツなんかとも合わせて普通のパンツみたいに見えるので最高です。

後ろのVネックの開き具合がとてもいい。

Honneteのシャツカーでは昨年の続きです。昨年はご紹介がとっても遅くなってしまいましたが、このタイミングで着たい羽織ですよね。とりあえずお店には出していますのでぜひご試着をしてみて下さい。

ベージュは白いTシャツを合わせて。

こちらも例のレイヤーパンツを穿いています。小物もあって少しエスニックな雰囲気です。

それに釣られて、羽織はこちらも昨年の続きでHonneteのシャツカーデ。カラーはビリジアン。

ネイビーはトップスインナーにCLOSELYのタンクトップのモカ色を合わせて。

こちらも実は下に例のレイヤーパンツの色違いを穿いています。無地に見えますが、実は単色のジャカードで植物柄。

羽織にはmuniさんのカディコットンのローブを纏って。

同じくmuniさんのシルクショールだけでも素敵です。

ブラックはモノトーンで。

この上なくシンプルな着こなし。

ブラックは同系色のシャツにも合わせてみました。長袖のシャツに合わせるのもおすすめです。

ブラックにもmuniのローブを合わせてみました。結構この組み合わせ、気に入ってます。一見テンションが異なる2つですがなんだかお互いを引き立てあっていい感じ。スタイリングしていて、そういう組み合わせと出会った時、嬉しい気持ちになりますね。皆さんも自分の中での意外な組み合わせを見つけてみて下さい。

 

Other blog

  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore
  • 2024.06.25ナイスバランスmore