annabelle

やさしいコート

この季節には皆さん「羽織」とか「カーディガン」というキーワードを

よく口にしますが、一体何が正解なのか私たちもよくわかりません。

僕の勝手な憶測では、コートやジャケットというと言い切れるものと

比べて、なんとなく脱ぎ着がしやすそうで持っていてもかさばらないものを

なんとなく総称して「羽織」と言っていて、その中でもカバンに入っちゃうような

ニットの羽織はカーディガンで、布地になるとシャツカーデ、羽織っぽい

コートは羽織コートなんて適当に呼んでいます。

これは羽織コートですかね。

maison de soil キルティングコート
¥41,800(税込み)

見るからに羽織っぽく使えそうなコートは、maison de soilのもの。

羽織といっても実は3層のキルティング構造です。

キルティングというと冬の中綿コートを想像しますが、

こちらは中綿の代わりにコットンのシャツ生地が挟まれた3層です。

今時期に着てもほんのり暖かさも感じられる薄手のコートは、

春や秋の端境期に大活躍です。

色はこちらのネイビーを含めて3色あったのですが、明るい色が

完売となりました。ちなみに、オフホワイトとイエローグリーンの

2色が完売しています。

なぜか最もシンプルなネイビーがまだあるという不思議。

muniさんの素敵なワンピースに合わせて。

きっちり前を閉めて。

前を開けて羽織として。

着心地の良い羽織コートに身を包んだご機嫌な妻に連れられた

カゴの中のクマも嬉しそうにしています。

表生地はもともとチェック柄で、製品になってから染められているので、

生地の質感に良いニュアンスがついています。シアサッカのような

シワシワとした表情が味わい深いのです。

ちなみに内側と中の生地はフカフカのボイルガーゼコットン。

内側にはやさしがあります。

土臭さと懐かしさとおしゃれさと優しさと。

そんな人になりたいな。

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more