annabelle

特異な空気感

洋服のデザイナーも本当にそれぞれで面白い。

徹底的にパターンメイキングに力を注ぎ、シルエットを

表現するデザイナーもいるし、トラディショナルなディテールを

得意にして、丁寧な縫製やテクニックを見せるブランドもある。

それぞれが個性的で面白い。

ARTEPOVERA(アルテポーヴェラ)は、何が特徴か?

すごく抽象的だけど、僕にとっては、古着が大好きだった頃の

懐かしい感性が蘇るブランドです。

作り込みすぎない良さというのか、、表現が難しい。

僕はバイイングする際に、実質的な作りも最終的には見ていくのですが、

まずはそのデザイナーらしさが商品にあらわれているかどうかを

すごく気にします。作り込んでいるブランドは自ずとそれが

感じ取りやすいのですが、アルテポーヴェラはその点でとても異質です。

なんでしょう?この肩の力の抜けた感じの特異な空気感は。

ARTEPOVERA
紐タックパンツ ¥18,700(税込)

コットン100%のタイプライタークロスは、軽いコートなんかに

使われそうな高密度な薄手素材。軽くて涼しげなので、これからの

季節に重宝するパンツです。

共布で紐ベルトが付属します。

大きなリボン結びは「タックインしなさい」と言わんばかり。

フロントはジップです。

そしてアルテポーヴェラの持つ独特な空気感は、多分ジップの色使いや

ボタン選びなんかも影響しているのだと思います。わかりにくくて

申し訳ないのですが、、「いかにも」な付属使いをあえて避けているように

感じます。

背面は片ポケです。

ヒップポケットは両玉縁。

薄手ですが、生地の透け感は気にならない程度です。

最も特徴的なのはこちらの裾についたタブ。

まるでコートの袖口のようですが、、

まさにそのような絞れ具合。

袖口ではなくて、裾口です。

色はライトグレーとベージュの2色展開です。

完売しているTRAVAIL MANUELのカットソーに合わせて。

シンプルなカットソーもこの裾口によっていい感じに

癖のあるスタイリングに。

やや着丈の長めなブラウスを合わせて。

絞ることで収まりが良いように感じます。

タブを外してストレートシルエットで。

僕はタックインの際には絞らないのが好みでした。

皆さんはいかがでしょう?

ハイウェストでメンズライク。

ベージュにはゴーシュの丸首シャツを合わせて。

着丈も雰囲気も相性よし。

小物で少し綺麗めを狙って。

こちらもタブを外してタックイン。

より綺麗めな印象に。

袖口みたいな裾で遊んでみよう。

ARTEPOVERAの一種特異な空気感はどのように生まれるのだろうか?

その答えは、2年前に訪れた岡山のアトリエにありました。

本当に細部に至るまで「好き」が詰まったその場所は、

飾らない自然体のかっこよさを感じさせる場所でした。

そこにあるアンティークの什器や道具が全て飾りでなく現役の道具。

作り込んで飾ったメーカーのショールームとは正反対のかっこよさで、

ヨーロッパの縫製工場なんかに雰囲気が似ていました。

そんな空間を作れる人たちだからこその服なのでしょう。


Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more