annabelle

トラディショナルシンドローム

今、皆さんどんな気分なのだろう?皆さんの中にはお客様からデザイナーまで含まれる。もちろん我々バイヤーも。同業者の方には特に今の気分は?って聞いてみたい。僕は大きく分類すると「トラディショナル」がずっと気になっている数年です。それはどういうことかというと、「これは〇〇をモチーフにしている」というようなものが垣間見えるような今の時代のデザインが気になっている。もっと言うと、そういうデザインの洋服をスタイリングに取り入れることがかっこいいと思っている。次回の秋冬もそれをかなり意識してバイイングしている最中です。今日は明らかにアレだな、、とわかるquitanの素敵なパンツをご紹介します。

quitan(きたん) ガーデナーパンツ ¥47,300(税込)

ガーデナーパンツという名の通り、ガーデニングをする人用のパンツデザインで、いつから存在するのかはわかりませんが、昔からデザインのモチーフとしては使われることがあるパンツです。

特徴はこの身頃と一体化した大きめなポケット。そしてラフで動きやすいデザイン。

このサイドシームを跨いだポケットはガーデナーパンツならでは。中にはギャルソンエプロンのようなものが付いたパンツもある。

このパンツは股下にマチをつけて運動量を確保している。股を大きく広げても作業がしやすいようなデザインです。

おの裾は特徴的でかっこいい。ブランドのデザイナー独自のアイデアで、作業用ズボンとの明確な差を出すための仕様、デザインではないでしょうか。シルエットを大切にしていることが窺えるし、切り替えの大きな身返しがしっかり感や高級感を醸している。

目を引く素敵なオレンジ。素材がヘリンボーンのリネンで表情があることもあり、のっぺりと見えがちのオレンジがとてつもなく素敵で吐きたい気分に誘ってくれる。

もう一色は定番のブラック。こちらもリネンのヘリンボーンということで、濃すぎず良い抜け感のあるブラックです。真夏にも是非穿いていただきたいブラックです。

リネンはこの3色展開。素材違いはコットンのジャカード織りのの素敵な生地で、ホワイトのみのご紹介となりました。そちらは通販ページでぜひご覧ください。

裾のデザインが生きた絶妙なコクーンシルエット。

ラフなTシャツにもこれからの季節に素敵です。

ポケットデザインの存在感が生きる短めのブラウスなんかは特におすすめです。

真白やキナリ、ナチュラル、ライトグレーなど淡い色合いにおすすめのオレンジは「アカネ」というお色です。

ここ数年で白やキナリのパンツ、定番のブラックはお持ちだという方もたくさんいらっしゃるかもしれません。アカネ色、いかがですか?

夏にこんなボーダーニットに合わせてもいい。ニットで少しお高めですが、明らかに大人ぽい。光沢のある糸はドライタッチな強撚で真夏にもおすすめのサマーニット。

ブラックに合わせているのは2つとも完売してしまっているトレーナーとコート。今まさにこのくらいでちょうどいい。日中に気温が上がってきたらコートを脱ぐ感じ。まだまだ朝晩と日中の気温差は激しいので、春はレイヤーと脱ぎ着のできるスタイリングがおすすめです。

シンプルにTRAVAIL MANUELの7分袖カットソーに合わせて。

やっぱり1週間のバリエーションの中にモノトーンスタイルが入るとローテーションに締まりが出ますよね。

こんな差し色も映えるのはモノトーンの嬉しいところ。ピンクやブルーなんかの強めの色も受け止めてくれるモノトーンは本当に便利なワンツーコーデ。

こちらはボーダーのモノトーンスタイル。

ココ・シャネルが活躍した1910年代〜20年代が、今のストリートファッションの始まりなのだと思いますが、オートクチュール中心のステータスファッションから、乗馬やハンティングなど、アクティビティーから着想を得たストリートファッションが盛んに提案されたその頃、プレタポルテ中心のコレクションが始まり、戦時中には国から発注を受けたトラディショナルブランドが数々の逸品を誕生させ、その後のファッションシーンに大きな影響を及ぼし続けています。また、職業のユニフォームからもたくさんのファッションアイテムが誕生しています。ジーンズが最も有名ですが、例えば車やオートバイの整備士が着ていたツナギやワークジャケット、漁師が着ていたセーター。電気技師が履いていた特殊なデザインのブーツは今でもメンズには定番的存在です。そんな中の一つにあるガーデナーパンツ。他にこれからどんなものが誕生するのか、しないのか?

今は新しいファッションアイテムが誕生するには厳しい時代なのかもしれませんね。人が新たに行くようになってきた宇宙やそれにまつわる物のデザインには少し注目したいところかもしれません。昔あったけど最近見ないレーサーが着ているレザーアイテムとか、ちょっと前にも見たけどまた新鮮な気もするコックさんのユニフォームとか。そんな思考や目で、デザイナーが作るものを見るのも楽しいこと。ぜひそんな目で見てみてはいかがでしょうか。トラディショナルシンドロームが巻き起こる可能性もあるなんて考えたら、ちょっとワクワクします。

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore