annabelle

なんか羽織れるやつ

「パッと着れるもの」とか「サッと羽織れるもの」といった感じで利便性を求めながらも、おしゃれな人ほどやっぱり普通ではない何かを心のどこかで欲している。それが何かはわからないが、僕らバイヤーも展示会で求めている感覚はそういったものなのです。お客様もきっと同じ。klause(クロイゼ)は、シャツを中心にたまにパンツをご紹介してきましたが、今回素敵な羽織ジャケットが登場していましたので、少量にはなりますがご紹介いたします。

klause(クロイゼ) ベラルーシリネン羽織ジャケット ¥35,200(税込)

先にご紹介しているシャツと同じ素材のリネンを使用した一重の軽いジャケットです。ノーカラーシャツを着るような感覚で着ていただけますが、着用した時の雰囲気はしっかりとジャケットです。klauseさんの商品は全般に、見た目と着用した際のギャップに魅力を感じるものが多いように感じます。ルーズなイメージで着てみると、確かにゆったりはしているけどなんか綺麗だったり女性らしさがしっかり出ていたり。

少しバンドカラーのような雰囲気を持ったノーカラー。このトップボタンの位置が本当に絶妙です。

肩先に向かってスリムに見えるように設計られた袖は、klauseさんの特徴のように見ています。横から見た時に袖と肩のツケあたりがすっきり見えているのがとてもかっこいい。ポケットはルーズさを掻き消すかのような両玉縁ポケット。

ゴーシュの吊りループ天竺のトレーナーに合わせて。このくらいシンプルで、なおかつボリュームバランスに気を配った程度のスタイリングが自身の中ではベースにある。ここから、インナーをロングシャツに変えたり、ジャケットをベストにしたり、色を変えたりしています。だからやっぱりボトムスの存在感はとても大切にしています。こちらのパンツはSP(エシュペー)のもの。

トップボタンを下げることで襟が返るとまで言うと大袈裟ですが、少し襟元が主張するようなデザインになっていますし、上まで閉まっているよりも軽やかさも出ています。

サイズはXSサイズで少し袖が長めですが、このままでも折って着ても素敵でした。

シャツのダブルカフスのような雰囲気で着ていただけます。今回の通信販売ページはこの折り返した着方になっています。

こちらは違ったパンツにコーディネート。SUSURIさんのパンツで、実はサスペンダーパンツです。

素材的に考えて、最終は半袖Tシャツなどの上に着て6月の梅雨あたりまでは活躍してくれると思います。お洗濯もネットに入れて洗濯機の手洗いモードで大丈夫。リネンですからコットンのように縮んでしまう心配もないと言っていいでしょう。色々と合わせやすいジャケットですので、春の中間衣料としても大活躍です。コートの下に着ていても素敵なレイヤリングが楽しめる。トップボタンが下がっていることを利用して、チーフを巻いてみてもいい。春の小物使いもお楽しみください。

 

 

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore