annabelle

大事なこと

annabelleのスタイルに関して、色々なこだわりを簡潔に一言で表すとなると、、「さりげなくかっこいい」「さりげなく素敵」ということでしょう。もちろん、スタイリングを作る上で全部がさりげないと地味になりかねないし、物足りない感覚に陥ってしまうので(僕が)、さりげないものにはスパイスを加えていきましょうというのがannabelleのセレクトバランスです。今日はここ数年で、さりげなく美しいブラウスの支柱を担うようになった、klause(クロイゼ)のシャツブラウスのご紹介。

klause ベラルーシリネンヘンリーネックシャツ ¥25,300(税込)

写真で見てもお店で手に取ってみても、特別な感じは伝わらないかもしれません。そのくらいにさりげなく、着ると素晴らしい商品です。もう何シーズンも継続してご紹介していますので素材違いをお持ちの方も多いことと思います。今回の素材はベラルーシリネンのざっくりとした綾織リネン。

ヘンリーネックはどうも男性的な印象をお持ちの方も多いようですが、こちらのヘンリーネック、、ヘンリーネックが嫌いなんです、という方もお買い上げいただいたことがあるくらい素敵です。少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、一つ付いたボタンがアクセサリーのような役割を果たすのか何なのか、、。とにかくヘンリー苦手意識のある方にも一度お試しいただきたいヘンリーです。

素材は全ての工程を国営で管理する、国をあげての事業となっているベラルーシのリネンです。繊細で滑らかなフランスのリネンとも異なり、リネンの王様と言われるアイリッシュリネンとも異なるベラルーシリネンは、アンティークリネンに見られるような弾力に富み、素朴な表情もあってとても魅力的なリネンです。僕が見てきている中では、ベルギーリネンの風合いが近いような気がしています。

袖口には2つのボタンと2つのループがあり、絞ることで袖のシルエットに変化を出せる。

今回は、オフホワイトとナチュラルの2色展開です。

klause ベラルーシリネンバンドカラーシャツ ¥25,300(税込)

もう一つのシャツがこちらの新作、バンドカラーシャツ。今までのクルーネックやヘンリーを気に入って着てくださっている方全員におすすめしたい素敵な新作です。

バンドカラーシャツからボタンを無くしたようなハイネックデザインが素敵なんです。

袖口はヘンリーネックと同じく。

こちらは背面にボタンが一つ。

とってもラフな感じでヘンリーを着用。

タックインすると少し印象が変わります。

かなりテーパーしたジャージ素材のパンツに、かっこいいイメージでスタイリング。

袖口のボタンはキュッと閉めていますので、少しバウンドして膨らみが出ます。

袖口のボタンを外して筒袖で着ると、ラフはラフなんですが、この長さもあってなのか、、これもかっこいいのです。

ゆったりした筒袖なので、暖かくなってきたらまくると素敵です。

こちらもタックインするとガラリと印象は変わります。

上からシルクの羽織ジャケットを着ると、少しハイエンドな雰囲気も出てきます。

こちらも綺麗めにNO CONTROL AIRの新入荷のパンツにタックイン。少し丈が短めなパンツですが、ドレープ感もある素材で、お仕事着や入学式、卒業式くらいなら十分使えるパンツです。

セットアップのジャケットはなんとドルマン袖。かっこいいんです。

こちらはバンドカラー。ゴーシュのパンツにタックイン。こちらのパンツは完売です。

後のボタンの開きが女性らしくてとても素敵。後ろ姿、重要ですよね。

上からジャケットを。

ワイドパンツにカーディガンを羽織って。こうしてみると分かりやすいですが、着丈は長めです。このゆったりさ加減で着丈が長いとカッコ良さって出しづらいのですが、このシャツはむしろそれだからかっこいい気すらするくらいです。

袖付けやネックラインが本当に絶妙なんだと思います。

こちらもこんなふうにフォーマルに合わせてもいい。袖がはみ出しているのも普通じゃなくてかっこいい。

フォーマル素材のパンツを使ってかっこいいカジュアルなスタイリングも。

これは確かにクールに見える。

こちらは先程のグレーのパンツの色違いでネイビー。

リラックスしたアンバランスバランスな私のお気に入りのバランスのコーディネート。

上からセットアップのドルマン袖のジャケットを。

タックインしてアクセサリーを纏えば、式典にも使えます。

洋服の面(つら)は、ちょっとしたことの積み重ねで大きく変わります。だからかっこいい洋服のかっこいい理由はいくつもあるわけですが、そのいくつものバランスがまた重要です。と、、デザイナーはそんな理屈を考えながらデザインするわけでなく、直感的に「こうした方がいい」の連続で素敵なゴールを飾るのでしょう。そのためにもちろんサンプリングも重ねます。annabelleでセレクトする商品は、そんな工程を経て、だからこ大量生産品には絶対に出せない雰囲気を纏う洋服を選んでいるつもりです。それは一見して簡単にわかるものでもないので販売も難しいのですが、着てもらってリピートしてもらうことの積み重ねなんだと思っています。かっこいいデザインの洋服と同じ。結局そういうことが大事なんだと思う12周年の前日です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何度も告知をさせてもらっておりますが、3月8日はannabelleの12周年です。(間違えて11周年とどこかに書いたみたいですが、、よく数えたら12周年でした)いつもは忘れて通り過ぎがちな周年ですが、今回は珍しく覚えていたため、13年目の初日にあたる3月9日(土)に、annabelle店頭で花屋西別府商店を開店します。始まりの季節に、素敵な花を飾りましょう。

 

 

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore