annabelle

Henka is beautiful

「よく着るなー」と思い浮かぶ洋服の条件はいろいろですが、一番大切なのは「気分」でおそらくその次はその時の気候に適しているかどうかかもしれません。「着たい!」と思ってもあったか過ぎても着ないし、寒いのも嫌。僕は今の時期3本のパンツをやたらと穿いています。一番穿いているのはblue in greenのコーデュロイパンツ(2色所持)。その次はFACTORYの昨年の別注で展開したコットンウールのワイドパンツ。もう一つはお取り扱いはありませんが、khadi & coのキルティングスターパンツです。もちろん気分によってはこれ以外も穿きますが、この3種類(4本)があまりにもちょうどいいのでつい穿いてしまう。今日は昨年に引き続きFACTORYさんから登場のコットンウールシリーズのご紹介です。

FACTORY コットンウールソフトプリーツスカート ¥26,400(税込)

昨年は別注でパンツを作っていただいたほどのお気に入りの素材です。厚すぎず薄すぎず。暖冬の昨年、今年には本当にちょうどいい生地感ではないだろうか。

生地は朱子織(しゅすおり)のダブルフェイスで、表側がモンゴリアンウールで裏側がペルーコットンです。表はウールですので起毛しており、少しカリカリとした質感もありますが、肌にあたる部分はペルーコットンで心地いい。多少は表側のウールがひびき、肌に感触が伝わることはございますが、よほど敏感な方でなければ全く気にならない感触です。

プリーツかと思いきや、途中からプレスが当たっていませんので、一般的なプリーツスカートのコンサバな感覚は全くなく、センターで向かい合わせになっていることから、どことなく袴のような印象も受けるスカートです。

後ろ側もこのように。

カラーは手前からグレー、カーキベージュ、カーキ、ブラックの4色展開です。真ん中の2つが色が近すぎて分かりづらいですが、穿いて遠目に見ると違いがわかるお色です。

こちらがグレー。この色だけ少し前に撮影したもので、トップスのベストは完売しております。しかし1周に入ったプリーツのおかげで、そして通常のプリーツと異なり途中からプレスがないため、適度なボリュームが魅力的です。

上からYUIさんのジャケットを着て。(ジャケットも完売しています)

少し雰囲気の異なるスタイリング。

セーターの着丈もやや長めですが、とても感じの良いバランスで着ていただける。

上からコチラも完売したYUIさんのウールコート。

そしてこちらが色の近い2色のうち、薄い方のお色でカーキベージュ。イエローのセーターは同じくFACTORYさんのモンゴリアンウールのバルーンデザインのセーター。

オーバーサイズのセーターとの組み合わせも素敵です。

上からキルティングのジャンパーを。こちらはARTEPOVERAのリメイクのもの。

着丈長めのトップスと合わせるとボリュームが抑えられた感じになって、それはそれでいい。

そしてコチラが似た色のもう一色。カーキです。こちらの方が色が濃い。トップスのセーターは同じくFACTORYのポンチョのようなデザインのセーターです。着丈短めのAラインが可愛らしい。

ミルクティーのような優しさも感じさせる似た2色は、ホワイトや生成りなど優しい淡い色や正反対のブラックも似合います。なぜこんなに近い2色をバイイングしたのか?本人にもわかりません。というか、、見た時は見た時で、何か感じるものがあったのでしょう。他人事のような言い方ですが。。

スカートの最後はブラックです。

ブラックは昨年のFACTORYのセーターに合わせて。焦茶とブラックの組み合わせってやっぱり大人っぽくて好き。

シックになりすぎて寂しくならないように、柄物のストールで少し色をプラス。バッグも色ものを入れてみた。

スカートはこの4色展開ですが、実は同じ4色展開でパンツもございます。昨年はやや丈が短めのワイドパンツでしたが、今年はテーパーしたバルーンシルエットのフルレングスのパンツ。1色だけご紹介しますね。他は通信販売ページでスタイリングをじっくりとご覧ください。

縦に接いでカーブをつけたパンツです。太さは昨年のものよりややスッキリしている印象です。

トップスは先ほどイエローで登場したFACTORYのオーバーサイズのデザインセーター。

横から見た感じもスッキリした感じ。決して細身ではありませんが、大事なのは印象です。全体の印象です。どんなお洋服に合わせるかでバランスが変わり、印象も変わる。誰が穿くかでどんなトップスが似合うかも変わる。その時の気分でいいと感じるバランスも変わる。ファッションは変わることを楽しみたい。

シンプルすぎて何か足したいと思っていたところ、妻がこのコートを持ってきた。「絶対似合うよ。このスタイリングに」と、いつも以上に自身ありげに。

たしかに。。以前ご紹介した際にはスカートに合わせてみましたが、このパンツにもとても似合うコートでした。足元は思い切ってアウトドア系のブーツとか合わせても可愛いかもしれません。ラバーのタイプとか、女性では滅多に見かけませんがダナーライトとか似合いそう。変化を楽しめる分野だから、時代をうつす鏡のような存在にもなるのかもしれません。20年後、僕が70歳になった時、今のファッションを見てどう思うのだろう?そんな気持ちで20年前の雑誌やアルバムをチラッとみてみようか。

Other blog

  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore
  • 2024.06.25ナイスバランスmore