annabelle

動きたくなるブラウス

SP(エシュペー)のデザイナー赤丸さんは、「こんなに不器用な人いるのか?」と思えるほど、手先がではなくて不器用な人です。またそれが魅力でもある。そんな人が作る洋服がこんなにも繊細で美しいと、その不器用さがまたよく見えてくる。皆さんにもいつかご紹介したいデザイナーです。

SP(エシュペー) ギャザーブラウス ¥45,100(税込)

とにかく布地の分量がすごい。そして着たときの迫力は想像以上かと。こだわりのコットン素材は、光沢のある糸をシャトル織機でゆっくりと高密に織り上げることで、しっとりとソフトで、なおかつふっくらとした上質さを感じ得る布地です。

こちらはアッシュホワイト。通常のホワイトと比較して、青白いグレーと言ったら良いでしょうか。どことなくアンティークの陶器で見られるような美しい白を感じます。

別なお洋服でもお話ししましたが、このボートネックにつけられたマチ布に彼の繊細さを最大限に感じます。マチ布が肩に沿ってカーブするところまで想像して付けています。彼のイマジネーションを実現する縫製技術にも驚きます。

身頃と袖は一体になったパターンで、ボリュームのあるギャザーに対し、着た人を華奢に見せる最高のバランスを感じるトップスです。

見たことがないほどのとんでもなく細かいギャザーリングによって生まれる高級なカーテンのようなドレープが美しい。

背面は比翼ボタンでプルオーバーのデザインです。

こちらがマカロンというカラー。マカロンはいろんな色がありますが、デザイナーのお気に入りがこの色なんでしょう。

2色展開です。

これだけの分量感ですが、トップス部分はとても華奢に見える。前からも横からも斜めからもです。袖はいい感じに身頃に埋もれてくれて、それが余計に華奢さを強調させる。

前回、同じデザインをご紹介した際は、確か細身のジーンズにスタイリングしたように記憶しています。それはそれは正統派な大人のかっこいいスタイリングという感じでした。今回はその印象とは異なるスタイリングを意識的に作ろうと思い、ややクラシカルでアンティークブラウスを想像するこちらのブラウスとは反対な印象のボトムスを合わせて楽しんでいます。

マカロンは、annabelleっぽいと言われそうなシルエットのYUIさんのパンツに合わせて。こちらのパンツは実際に見ると同色で柄が入ったパンツで、様々なトップスやこういったロングシャツ、チュニック、ワンピースなどに穿いて使えるお勧めのレイヤーパンツです。真夏に重ねても暑苦しくないし、そうも見えない。

これだけの分量感の裾周りの三つ折りは、説明文にも書いてくれていましたが、なんと3mm。レディースではブラウスが多いこともあり、あまり気にすることもありませんが、メンズシャツの脇の折伏せを4mmで縫ってくれる工場を国内で探すのは結構難しいかもしれません。工賃に関係してくることもあって、標準は6mmです。これは裾の三つ折りですが、この分量をより軽やかに、美しく見えるようにこだわり抜いて縫っているのかと思うと、洋服好きとしてはちょっと浮かれてしまう洋服です。赤丸さんの洋服は、細かく見れば見るほど面白い。でも解説するより見て触って着てほしい。そんな洋服ばかりです。皆様にもいつか、、洋服と作り手のギャップに触れてほしいと思うこの頃です。

 

 

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more