annabelle

importの香り

自分が10代の頃、原宿や渋谷には「import shop」と言われる

セレクトショップが多く点在していました。
大きなセレクトショップは、当時から「オリジナル商品」があり、
importで買うよりも手頃なお値段で、似たようなものが買えるとあって、
10代の若者にはありがたい存在でした。
しかし、着てみると品質が違うと言うよりも、漠然と雰囲気が違う
というのも事実で、結局 importモノが欲しくなるのです。
なんなのでしょうか?
あのimportの独特の雰囲気は。。。
当時は、importに対してドメスティックという言葉がファッション誌にも
掲げられるほど、両者は分けて紹介されていました。
よくわからないながら、「importものカッケー」というふんわりとした
憧れを持って、そういったお店に通っていたものでした。
今は正規代理店がすぐについて、日本のマーケットに合わせた
コントロールがなされるので、いい意味では日本人が好きそうな
商品が安定供給され、すぐに日本のファッションシーンに溶け込みますが、
昔のものは海外からそのまま持ってきたものばかりですから、
これまた、いい意味でハレーションを起こしていたのかもしれません。
その違和感が、洋服好きの心を揺さぶったと、そんなふうに思っています。
現在アナベルでお取り扱いをしている「khadi & co(カディアンドコー)」には、
当時のそんなimport感が漂っているように感じます。

Khadi & co

STELLA  ¥30,800(税込)

もちろん使用されているのは上質な手紡ぎのコットンで、やや地厚で

梨地のような表情がなんとも言えないアンティーク感をもたらします。

わたくしは男性ながら、履けるボトムスは所持しており、

生地の良さは体験済みですが、これが本当に素晴らしい。






































Vネックラインのレースはとても上品で、胸元を美しく彩ります。






















肩口に小さなタック。
























袖口のカフスにも工夫がなされ、、





















前には紐。

後ろにはゴム。

少し変わった小さな工夫の積み重ねで、全体の重厚感を醸します。

ショート丈を生かしてスカートに。

スカートはmaison de soilのコットンギャザースカートです。

後ろがゴムになっていますから、このようにブラウジング。

シンプルなものからは得られない高揚感が確かにある。

もちろん、パンツに合わせても最高にかっこいい。

パンツはASEEDONCLOUDの玉井さんが展開する別ブランド、
Handwerker(ハンドベーカー)のもの。
そして、同じレースシリーズでもう一つ。

Khadi & co

LUNA ¥48,400(税込)
前身頃全面にレースが施され、二重になったシャツは、
アンティーク感のある、まるで衣装のように手のかけられた逸品です。

フロントはレースを生かすべく、ボタンの見えない比翼仕立て。

スタジアムジャンパーのような襟も特徴的です。

背面はシンプルなヨークのあるシャツデザイン。
裾がまっすぐなだけに、ジャンパーのような感覚で
スタイリングが決まるのも特徴の一つ。

SUSURIさんのボリューミーなキュロットパンツに合わせて。

とてもすっっきりとした収まりです。

同じ、Khadi &coのストールを巻いて、、、。

ざっくりとした軽いカーディガンを羽織ってみる。

こちらも重ね着のベースになるブラウスに。
今ではめっきり少なくなったimportの香り。
khadi & coは、日本用にデザインされたわけでなく、
サイズ感もそのままに、懐かしい90年代のあの香りを
纏っているように感じます。
ぜひ味わっていただきたい。


Other blog

  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore
  • 2024.06.25ナイスバランスmore