annabelle

逆説的

何となく、ただ何となく数年前から始まっている綺麗目な気分は、まさに今最高潮。そうなると欠かせない要素の一つに、「スポーティ」というのがございます。綺麗な感じにグランジもいいしヘビーデューティーもいい。ミリタリーもいいしワークもいい。そしてスポーティーもいい。何となくまた20代の頃のリバイバルスタイルが頭の中を駆け巡ります。

FIRMUM フーディ ¥34,100(税込)

ショートモッズコートという名前で発売されている通り、例年定番で展開し続けていたあの春先のコートのショート版です。今年はアナベルではあのロングのタイプはお休みして、こちらのショートタイプをスタイリングしてみたいと思いました。相変わらず削ぎ落とし変化させまくったデザインは、「どのあたりがモッズ?」と突っ込みたくもなりますが、新しいものを作ることってきっとそういうことなんだろうと思います。

包み込まれるようなフーディは面影あり。

フロントは比翼ボタンでサーモンピンクには軽めの白。

このポケットはモッズコートの面影あり。幅広の身頃に可愛らしいバランスでポケットやドローコードが付いています。

ポケット布は乾きやすいようにとメッシュを採用。FIRMUMはほとんどの商品にメッシュのポケット布をつけています。

裏側には絞る用の紐と何やら複数のボタンが並びます。なんでしょう?

袖口の内側にも意味不明なボタンが付いています。何でしょう?

実はこれ、秋冬シーズンに別売りのアウター兼ライナーを取り付ける用のボタンなんです。実際に使うかどうかはわからないけど、そういう心意気もスポーティー。

内側で紐を引っ張ることでウェストのシルエットに変化を出せる。アウトドア用のウェアでは防寒用のドローコードですが、こちらは違います。もちろん多少の風は防ぎますが、やっぱりシルエットを変えられるっていうことが重要です。

全然雰囲気が変わりますよ。

色はこちらの3色展開。サーモンピンク、パステルブルー、グレーミストです。

サーモンピンクはボーダーに白いシューズを合わせて爽やかな大人っぽいスタイリング。ワイドなストレートパンツも今な感じで良いと思います。

パステルブルーはさらに太めのワイドパンツに。ボリュームのあるボトムスにウェストを絞ってコンパクトに着るのも素敵です。革靴にリュックでわざと少し外す感じ。リュックにヒールとかもかっこいい。

下にはベストやカーディガンでレイヤーを見せて羽織るとより春っぽい。

グレーミストは他の2つと違ったバルーンシルエットのパンツに合わせて最もカジュアルな雰囲気にスタイリング。

パンプスでなくて、ローファーやスニーカーでもカッコ良さそうなイメージです。インナーに重ねた羽織も少しシャカっとした素材感の羽織シャツで新鮮な組み合わせです。

スポーティーというキーワードは昔からある言葉ですが、そこには色々な要素が含まれています。ファッションをやる人は、常に逆説的な意味合いを含めてキーワードを使ったりしますから、スポーティーの裏側にはその反対の印象を思わせる何かがいると思っていい。ここ数年で出てきているヘビーデューティーやスポーティーの裏側には綺麗目があって、お互いの相乗効果もあって素敵なスタイリングが出来あがる。そしてそれは素材のチョイスにも同じことが言える。例えば近年みなさんもきっと気になっているのが「ジャージ素材」。これはスポーティーな要素です。そこに化繊のとろみのある素材を合わせたりするからいい。ジャージにコットンのジーンズを合わせてもちょっと今の空気感はきっと出ない。今回はあんまり極端にそういった表現をしていませんが、ぜひ皆さんやってみてください。お店で試着でもいい。きっと少し新鮮な見方が生まれると思います。

 

 

 

Other blog

  • 2024.04.16プリミティブmore
  • 2024.04.16プリーズプリーツmore
  • 2024.04.13一期一会more
  • 2024.04.12逆を考えてみるmore
  • 2024.04.09壁画のような刺繍ものmore
  • 2024.04.06定番をあらためてmore