annabelle

良いところを褒めてあげて

そのものの良いところを見るって大切です。どうしても減点箇所ばかりに目がいきがちですから。モヘアは特にそういう立場にいる商品かもしれません。その減点箇所はあまりに有名で、ここで書くまでもないのかもしれませんが、あえてあらためて書くと、「毛が抜けやすい」ということです。これはどうにもならない事実です。毛が抜けないモヘアというのはないでしょう。一方で良い部分はご存知でしょうか?たくさんありますが、僕が減点箇所を踏まえても毎年オーダーする理由は、その良い部分が上回るからこそ。そして毎年オーダーしているマンタス・エスカライは、お店を始める前から関心を寄せていた、上質なモヘアを適正価格で提供してくれるスペインのファクトリーブランドです。

Mantas Ezcaray(マンタス・エスカライ)モヘアストール ¥11,550(税込)

モヘアはアンゴラヤギの毛を用いた毛足の長い滑らかな毛で、チクチクしない、染色の発色がいい。ここまでの発色が出るのは絨毛ではカシミアくらいです。さらにお勧めできる良い点は、とにかく温かいということ。空気をたくさん含むモヘアの繊維は、保温力が高いのです。

モノトーンに差し色という使い方が定番ですが、多色使いの明るいコーディネートをさらに賑やかにしてもいい。

オレンジはまさに定番的な使い方で。

モノトーンに差し色。

軽く巻いて垂らしても良し。巻いてまとめても良し。白は汚れが、、なんていう言葉もよく聞かれますが、小物の白は汚れも付きにくく、スタイリングに取り入れると目を引く色。お持ちでなければおすすめです。

Mantas Ezcaray(マンタス・エスカライ) モヘアチェック大判ストール ¥19,800(税込)

このブランドで毎年楽しみにしているのはチェックシリーズです。相当な数のチェックが展示会に並んでいますが、実は気にいるものが少ないのも事実。気に入ったものがない時はお取り扱いを諦めますが、今年はこの2色がとても気に入りました。

大きさはこのようにショール使いをできる大きさですので、付属でピンも付いています。

このように巻いても素敵で温かさと使いやすさとお値段のバランスが絶妙な品目。このサイズの無地は昨年のものを引き続き販売いたします。

色はこの2色展開。

どちらもいい色ですよね。あまりこのようなトラッドなチェックはあまり展開しないブランドですので、とても新鮮に見えました。発色の良さはチェックにとても効いています。

これを持っていると、コートの上に着られるアウターを持っているような感覚です。真冬はもちろんですが、今のようにまだまだ寒暖差がある時期には嬉しいアイテムではないでしょうか。

濃色のコートなどに使用すると、チラチラと毛が付く点は多めに見てあげて、この類稀なる温かさと美しい発色を褒めてあげましょう。モヘアの中では毛が付かない方だと思いますよ。

Other blog

  • 2024.02.27セットアップmore
  • 2024.02.27R.U.の展示受注会を終えてmore
  • 2024.02.16春夏もすごいんです。more
  • 2024.02.13君の名はmore
  • 2024.02.10式典-shikiten-indigo overdye j…more
  • 2024.02.09端境期の贅沢more