annabelle

レトロか新鮮か

レトロな雰囲気を持ったデザインは、

家具も車もバイクも洋服も、

本当にレトロに見えてしまう時と、
レトロなのに新しく見える時がありますね。
あらゆる分野のデザイナーは、過去のデザインを勉強して、
今の時代に新しいモノ作りをしています。
レトロに見えるか新鮮に感じるかの加減を探りながら。
このコートはどうでしょう?
わたくしには、新鮮に映りました。

Honnete
コットンナイロンコート ¥50,600(税込)

生地はコットンナイロンのギャバジンで、タッチは非常にしなやかで高密度。
いわゆるバーバリィ素材を少し薄手にして、さらに汎用性を高めたような
クウォリティでしょうか。秋冬以外にも、春先、梅雨時期など着用機会の
多い素材感です。

生地も良いのですが、このデザインも目をひきます。

襟の大きな下りのあるデザインは、まさにレトロでありながら、新鮮。
これで細身だとよりレトロなんでしょう。
襟の先端の尖り具合、角度も重要ですよね。

袖口はこのように絞ったりしても素敵です。

フロントは比翼仕立てです。

もちろん、裏地付き。(キュプラ)

大きくて長いインボックスプリーツもレトロで新鮮。

なんといっても着て新鮮に感じて可愛いと感じるかが重要です。
いいと思います。
スカートやワンピースにも。
もちろんパンツにも。
ちょっとかしこまっても、カジュアルにも。
色落ちしたデニムにサラッとね。
そんなの大好きです。

袖をキュッとして。

Other blog

  • 2024.07.18彩のピアスmore
  • 2024.07.13FACTORYのワンピースmore
  • 2024.07.09バイヤーみたいな心持ちでmore
  • 2024.07.08大人のTシャツmore
  • 2024.07.06涼しいだけじゃないmore
  • 2024.06.25ナイスバランスmore