annabelle

夏のレイヤースタイル2

FACTORY フレンチリネンジャンパースカート
重ね硫化染ネイビー ¥24,200(税込)
このジャンパースカートは少し前からチラチラ登場していますね。
気にかかっていた方もいらっしゃったかもしれません。
なぜなかなかご紹介に及ばなかったかというと、少し気にかかっていた点が
あったからです。展示会の際には気が付かなかったのですが、数回にわたり、
妻に撮影で着てもらって、「肩が落ちてくる」ことが気になりました。

人それぞれ体型も違いますので、妻が落ちてくると言ってもそれが

商品としてどうか?という話にはなりませんが、アナベルのモデルとして
おそらくざっと2000種類程度の洋服を着てきた妻が言う以上、
気になって通信販売には至りませんでした。

そんな気持ちをFACTORYの野村さんに率直に相談したところ、

もう一度こちらでも試着をして検討しますので戻してください、
という展開になりました。そしてなんと、修整していただけました。

戻ってきたのがこちらです。

そうです。誰もが思ったことでしょう。
どこが違うの?
見た目には正直わかりません。

近寄ってみますと、、

これが修正前。
V開きがスカート部分のゴムのところまで来ていますね。

色は違いますが、こちらが修正後。

少しつまんで縫っています。
前側は3cm。

後ろ側は7cm縫っています。

これによって、全く落ちてこないしすごく安定したそうです。
そんなことをやっておりましたので、ご紹介が今になりました。

妻には「細く見える」と好評のジャンパースカート。

確かにスラッと見えますね。

こちらが硫化染めライトグレー。

スカート部分のボリュームが抑えられた、すっきりとした

デザインであることも特徴です。

程よいボリューム感。

下にはTシャツは勿論ですが、薄手のブラウスなんかも

悠々と着ていただけるようなサイジングです。

完売したHAVERSACKのレーヨンシャツを合わせて。

ウェストのゴム部分でしっかり留まっていますので、

サスペンダーを垂らすような感覚でこんな風に着ていただくのも
素敵だと思いますよ。

このようにタックインをしてもいいし、シャツの裾は出してもいい。

これもまた、真夏のレイヤーが楽しめるお洋服です。
染色で少し張りの出たフレンチリネンのタッチもいい。
涼しく夏を過ごせるお洋服です。
インナーは両色ともに、特にペチなどは穿いていませんが、
透けはありません。それもこの染色の特徴です。
今回、FACTORYさんにはこのような対応をとっていただき、
大変感謝をしています。通常のメーカーではあり得ませんが、
それゆえに、バイイングは慎重に行います。
FACTORYさんは、自社で縫製工場を完備していますので、
もしかしたら何か対応してくれるかも、、という期待を持って
こちらも相談した次第です。
ご紹介が遅くなりましたが、素敵な夏服として、ぜひご検討ください。
また、題名を「夏のレイヤースタイル2」といたしましが、
「夏のレイヤースタイル1」は暮らしとおしゃれの編集室
Honneteのジャンパースカートをご紹介しています。
そちらも合わせてご覧ください。

Other blog

  • 2024.05.18ウキウキしようmore
  • 2024.05.17ユニセックスってなんだろう?more
  • 2024.05.16昭和歌謡のようにmore
  • 2024.05.14おしゃれをしようmore
  • 2024.05.11なんか尖った気分more
  • 2024.05.10Jyunreika-巡礼歌more